「区政を良くするために!」挑戦したいという方。桃野ができることであれば惜しみなくお手伝いしたいと思います。

2017.04.15

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

昨晩は下北沢のとある居酒屋さんへ。

友人から「区議会議員の仕事に興味がある方がいて・・・」という話があり、意見交換を兼ねて会食です。

議員は、普段どのようなことにどれくらいの時間を費やしているのか。

取り組むテーマはどのように設定するのか。

政策についての調査、研究の方法は?

色々な質問を頂き、ざっくばらんにお答えしましたが、やっぱり「区議会議員ってどんな仕事?」って、外から見ていても中々わからないものですよね。

「普段、何をしているか」というのは(おそらく)、政党による違い、議会で「多数派」か「少数派」か、その人がどれくらいの達成意欲を持っているか、などなどで千差万別ですし。

桃野からは、元サラリーマン、政党に属さない区議会議員として活動する、一人の人間から見た区議会についてお話をいたしました。

そして、選挙についても。

それこそ、選挙ってどういうもの?何をすればいいの?お金はどれくらいかかるの?

これも、外から見ていては、わからないことが多いでしょうね。

桃野も、最初の選挙は完全な手探りでしたし、今思い返すと「おかしなことやってたな〜」と感じることも幾つかあります。

短い選挙期間ですから、やはり事前に「知っている」と「知らない」では、その結果に大きな影響を与えることは間違いありません。

それはさておき、一人でも多くの方が、区議会のことや区議会議員の仕事に関心を寄せていただくのは本当に嬉しいこと。今、別の仕事で活躍している状況でありながら、「区政を良くしたい」「世田谷区民のために!」という気持ちを持って、新たな道に挑戦したいというのであれば、桃野は、先輩(?)として、お伝えできることは、惜しみなくお伝えしたいと思います。

微力ながら、そんなことも区政を良くする大切な一歩だと思っています。

 

トップへ戻る