こどもの日を前に。世田谷区の桃野おすすめスポットです。入場無料で楽します!

2016.05.02

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

ゴールデンウィークですね。
そして、もうすぐ「こどもの日(端午の節句)」。

世田谷区で、この時期オススメのスポットの一つが次大夫堀公園民家園(喜多見5-27)です。
喜多見駅はもちろん、成城学園前や二子玉川駅からも近隣を散策しながら、ちょっとしたハイキング気分で楽しめます。車の方は駐車場も有り。

現在、この次大夫堀公園民家園では、区内の旧家から寄贈された鎧兜などの五月人形が飾られています。
以前にブログでご紹介していますが、大きな鯉のぼりも気持ちよさそうに泳いでいますよ。

人形が展示されている2つの古民家のうち、旧安藤家には、鎧兜のほか、座敷幟(ざしきのぼり)と呼ばれる軍旗、馬に乗った武者の人形、神武天皇の人形など。
隣接する旧城田家には、兜飾りのほか弁慶や金太郎等の人形など。

今では、あまり目にすることのない貴重な五月人形飾りは、一見の価値ありです。
民家園は入園無料、五月飾りのほか、自由に建物に上がって見学していただけます。
五月人形飾りの展示は5月8日(日曜日)まで。
5月5日(木・祝)の午後2時からは、旧安藤家において五月節句の解説会も行われます。
(入場無料、予約不要で直接現地へ)

ぜひ、野川周辺の散策と合わせて、素朴な世田谷の春を感じに来てください。

スクリーンショット 2016-05-02 22.38.27
■写真は世田谷区のHPより

トップへ戻る