花壇や生け垣をつくる場合、区から助成金が出ます

2011.10.05

みどりあふれる世田谷。
多くの区民の方が、末永くそうありたいと願っているのではないでしょうか。

国分寺崖線に沿った緑地、多摩川、等々力渓谷などなど。
区内の緑を保全し、良好な住環境を守る。
世田谷区が取り組んで行かなければならない課題です。

区では、区政100周年を迎える2032年に※「みどり率」を33%にする「世田谷みどり33」を目標とし、緑を守り、増やす施策に取り組んでいます。

建築に関する制限、緑化基準の設定、水辺の再生、湧水の涵養、樹林地の保全の他、区民の皆様への助成も行っています。

例えば・・・

・生垣造成に対する助成
 生垣造成1mあたり中木(樹木高1.2m以上)の生垣、12,000円以内。
 生垣造成1mあたり低木(樹木高0.6m~1.2m未満)の生垣、6,000円以内。

・花壇造成に対する助成
 植ます縁石の造成1mあたり2,500円以内。
 植込み地の造成1㎡あたり6,000円以内。

・屋上緑化・壁面緑化に対する助成
 屋上緑化造成1㎡あたり20,000円以内、総額500,000以内。
 壁面緑化造成1㎡あたり10,000円以内、総額500,000以内。
 
個人のお宅であっても、緑を増やす造成などには助成金が出ます。
多くの方に、利用して頂きたい制度です。
助成については、他にも条件がありますので、詳しくは世田谷区みどり政策課03-5432-2282までお問い合わせください。

 ※みどり率=緑が地表を覆う部分に、公園区域、水面を加えた面積が区に占める割合


【烏山総合支所の屋上緑化】

トップへ戻る