スポーツの世田谷

2011.09.26

本日は区民生活常任委員会。
議案審査は10件。
その他に、役所側からの報告事項が10件。
報告事項には、世田谷区実施計画・行政経営改革計画(素案)や、世田谷区文化・芸術振興計画(素案)など、数年にわたる実施計画も報告されました。

その中の一つに、世田谷区スポーツ振興計画第3期年次計画(素案)も。
スポーツ振興計画では、「地域スポーツの振興」「心と体の健康づくり及び安全の確保」などを施策とし、主な取り組みとして、「総合型地域スポーツクラブを年1クラブずつ設立する」という数値目標を掲げています。
「総合型地域スポーツクラブ」には、区から、活動の場所の優先的な確保や、年間50万円を限度とした金銭的支援が行われます。

「総合型地域スポーツクラブ」で活動している皆さんには、大きなメリットがあると言えるでしょう。
現在、世田谷区では「総合型地域スポーツクラブ」は5つ。
老若男女が、サッカー、野球、バレーボール、体操などのスポーツに親しんでいます
役所の担当所管に、既存のクラブが、「総合型地域スポーツクラブ」となり、支援が受けられる条件について質問しました。

・区立の小中学校で活動している
・地域の人々を中心に運営されている
・PTA、自治会、商店街など、地域の合意形成がなされている

といった条件があるようです。
一度、「総合型地域スポーツクラブ」と認められても、継続的な支援が受けられるかどうかは、活動実績などの評価を受けなければなりません。

スポーツに取り組みたいと思っても、グランドや体育館など、活動の場の確保に苦労されている方も多いと思います。
様々な条件はあるものの、地域に根付いたスポーツ活動を志される方は、「総合型地域スポーツクラブ」の設立を目指されるのも一つではないでしょうか。

トップへ戻る