ラグビートップリーグ「リコーブラックラムズ」の皆さんと。世田谷区での地域貢献活動!

2015.05.10

一昨日、ラグビートップリーグの「リコーブラックラムズ(リコーラグビー部)」の皆さんが桃野の議員控え室に足を運んで下さいました。

写真撮り忘れました・・・
訪問頂いたのは以下の3名の方々です。
・株式会社リコー リコーラグビー部主務 横山健一さん
・株式会社リコー リコーラグビー部アシスタントゼネラルマネージャー 西辻勤さん
・株式会社リコー リコーラグビー部広報・普及担当 後藤崇志さん

リコーブラックラムズは【ラグビーを通じ、「会社」「地域社会」に”活力”と”感動”を与えるチームであること】を掲げ、世田谷区内でも様々な地域活動を行っています。

・ラグビー部のグランドを開放し、区内の中学生や小学生にラグビー指導を実施
・授業や部活動に選手を派遣、ラグビー体験や技術指導の実施
・教職員に向けタグラグビー講習会を実施
・元ニュージーランド代表(オールブラックス)の外国人選手によるニュージーランド文化の講義を実施
(留学が決まっている高校生に授業形式で実施)
などなど

今回「リコーブラックラムズとして、これからもより積極的に地域貢献をしていきたい」とのお話があり、様々な意見交換をさせて頂きました。
ラグビーの指導や普及はもちろん、障がいを持つ子どもたちへのスポーツ支援、栄養や健康な身体づくりなどの面からの講義など、世田谷に拠点をおくトップチーム、リコーブラックラムズとの連携は様々な可能性があると思います。
トップアスリートやスタッフの皆さんが持つ知識や経験は、地域にとっても大きな宝。
それを地域の為に使って頂けるなら、本当にありがたいことです。

〜ラグビーは少年をいち早く大人にし、大人にいつまでも少年の心を抱かせる〜
(ラグビー・フランス代表元主将、ジャン・ピエール・リーブの言葉)

桃野もラグビーを愛する一人として、思い入れを持って世田谷区への地域貢献とリコーブラックラムズの皆さんの橋渡しになれれば嬉しく思います。

写真

トップへ戻る