男子三日会わざれば刮目して見よ。3年だと・・・

2015.04.08

一昨日の小学校入学式に続き、昨日は中学式へ。
あいにくの冷たい雨がふる天気でしたが、世田谷区立中学校の入学式です。
桃野は地元の砧中学校へ伺いました。

新入生は227名。
まだあどけない少年少女たちですが、後3年経てば義務教育修了。
進学したり、社会に出たりという年齢になります。

「男子三日会わざれば刮目して見よ」
”人は3日も鍛錬すれば見違えるほどに成長するので、目をこするくらいしっかり見なさい”という意味。
(刮目とは”目をこする””目をこすって良く見る”の意)
元々の故事は男性の話なので、「男子・・・」という言い回しですが、当然女子も同じ。
特に、中学生時代は心も、身体も、学力も大きく成長する時期ですから、まさにこの言葉がしっくり来ます。
3日どころか、中学校3年間ともなれば、その成長の姿は見違えるほど。
教科ごとに先生が変わり、中身はより専門的に。
英語の学習や部活動も本格的に始まります。
人生を変える人や、人生を変えるコトとの出会いもあるかも。

大きめの制服に身を包んだ新入生たち。
わくわくドキドキの中学校生活が始まりますね。
皆さんは、未来を変える種。
今日の雨は土を耕す慈雨。
皆さんの成長、楽しみです。

写真

トップへ戻る