オーストラリア、バンバリー市から小学生を迎えて。     桃野も熱唱(?)しました!

2014.10.07

世田谷区は、カナダのウィニペグ市、オーストリアのウィーン市ドゥブリング区、オーストラリアのバンバリー市と姉妹都市提携を結んでいます。

本日は、そのうちの一つ、バンバリー市の小学からなる親善訪問団が世田谷区にやってきてくれました。
総勢22名(男子8名、女子10名の児童18名と引率4名)。
日本での滞在は9月29日(月)〜10月9日(木)の11日間。
区立小学校6年生の児童の家庭にホームステイしたり、区立小学校で授業を体験したりと、様々な交流が行なわれます。

そして、本日は区議会議員有志での歓迎レセプション。
決算特別委員会の会期中ですが、12名の区議会議員が参加しました。
お互いに簡単に自己紹介や歌の交換等。
バンバリーの子ども達も「私は、トーマスです」など日本語で挨拶してくれました。

10月9日(木)に離日とのことなので、残り少ない滞在期間、めいっぱい日本を楽しんでもらいたいと思います。
(明日はバンバリー市の独自プログラムでディズニーランドへ行くそう!)

世田谷区からも、小学生や中学生が姉妹都市を訪れ、海外の子ども達と交流を行なうプログラムがあります。
子ども達が異文化に触れ、お互いを理解しあう素地をつくっていけるプログラムは末永く続けていきたいと思っています。

☆集合DSC_1325

トップへ戻る