胃がん検診、自己負担1,000円です。

2011.07.29

 世田谷区では40歳以上の区民を対象に、胃がん検診を実施しています。
 問診、触診、X線撮影で自己負担は1000円。
 区報「せたがや」、町会の回覧、 区のホームページでもお知らせしておりますので、是非ご一読ください。  
 http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00008678.html

 
 平成22年度の、世田谷区内の胃がんによる年齢別死亡者数をみると、60歳以上の方の数が高くなっています。
 がんへの罹患が高くなる年齢という事もだけでなく、職場での定期健診が無くなる年齢ということも見逃せません。
 大切な命を守るため、この年齢層の方には、油断なく、検査にのぞんで頂きたいと思います。

 世田谷区では今年の9月より、63歳と68歳の区民全員、約21,000人に対して、個別に「がん検診のご案内」を送付いたします。
 平成22年度の世田谷区の胃がん検診の受診率は5.1%。決して高い数字ではありません。
 
 がん検診は、40歳以上の世田谷区民であれば、毎年、受診することができます。
 大切な命を守るため、家族の安心のためにも、定期的に区のがん検診を利用頂きたいと思います。
 特に、リスクの高い、60歳以上の男性の方、ぜひぜひご検討ください。

 
  

 
 

トップへ戻る