「世田谷ナンバー」の導入差し止めを求めて提訴

2013.08.01

世田谷ナンバーの件。
本日、東京地方裁判所に、導入差し止めを求めて提訴しました。
これまで何度かブログでもご報告しておりますが、世田谷区長が先頭に立って、活動してきた世田谷ナンバーの導入。
導入が決まれば、世田谷区内で登録される新たな自動車のナンバープレートには「世田谷」と表記されることになります。
勘違いされている方も多いのですが、世田谷ナンバーが導入されれば、世田谷区内で登録される新たな車は、全て世田谷ナンバーです。(品川との選択ではありません)
世田谷区からの申請を受けて、現在、国土交通省で導入の可否について審査が行われてますが、このまま行けば8月中には、導入が決定する見込みと言われています。

私は、これまで議会活動を通じて、区民のニーズとは関係なく、一部の推進団体と一体となって導入を進める世田谷区長の政治姿勢に疑義を申し立ててきました。
又、その後「区民のニーズを調査する」として区が行ったアンケートについても、問題点を指摘してきました。

・民間団体がそれぞれの考えで世田谷ナンバーの導入を目指すことは、もちろん全く問題ありません。
・一方、なぜ世田谷区長は、区民ニーズには全く考えをいたさず、一方的に推進派におもねるのか。
・区は、既に導入を目指す立場となってから「区民ニーズを調査する」とアンケートを行って、公平なものになるのか。
・実際にアンケートの取り方は「賛成」に誘導的である。
・区はアンケートの送付先を「無作為抽出」と言っているが、回答者の年齢などに非常に偏りがある。
※詳細は過去のブログをご覧ください→http://www.momono-yoshifumi.net/?p=3398

今回「世田谷ナンバー導入反対」の立場の区民の皆さんが「導入差し止めを求めて提訴する」とのことでしたので、私は「導入の前に、区民に正しい周知を求める」「導入の前に、再度区民に対し、公平公正なアンケートを行うべき」との主張で原告団に加わりました。
本日、テレビのニュース等でも既に報じられております。
明日の朝刊でも記事になると思いますので、ご一読ください。
ニュース映像はyoutubeでご覧いただけます。
yourubeの動画はコチラ→http://www.youtube.com/watch?v=6RBZype3qjA
(私も、原告団が裁判所へ入るシーンでチラッと映っております)

トップへ戻る