私に取っては、苦い思い出が多い「自由研究」です

2013.07.18

世田谷区の小学校は明日7月19日(金)が終業式。
子ども達は今週末から夏休みに入ります。
熱中症や日射病、水の事故には気をつけながら、夏休みならではの経験を。
思いでに残る楽しい夏休みにしてもらいたいと思います。

夏休みといえば、私は子どもの頃「自由研究」が苦手でした。
何をテーマにするか一生懸命、考えているうちに夏休みが残りわずかに・・・
結局、時間をかけて観察するテーマには取り組めないというのがお決まりのコースでした。
私に取っては、苦い思い出多き「自由研究」です。

さて、もしテーマを決めるのが苦手なお子さんがいるようでしたら、「ごみ減量実験」はいかがでしょうか。
世田谷区では、「生ごみカラッと”講座~自然の恵みと乾燥用具を使った減量実験~」の参加者を募集しています。
生ごみの約80%は水分。
水分をしっかり除けば、ごみは8割近くまで、その重さを減らせるということですね。
世田谷区では、夏休みの自由研究に、“生ごみカラット”(水分を取った生ごみを風通しの良い状態で保管し、乾燥させる容器 )を使って、親子で実験に取り組んで下さる方を募集しています。「減量効果の記録」を作成してみませんか?
※参加者には“生ごみカラット”が提供されます。

◎募集要項
◆日時…7月27日(土) 14:00~16:00
◆場所…消費生活センター(太子堂2-16-7)
◆対象…区内在住の小中学生と保護者
◆募集人数…先着10組
◆参加費…500円

◎申し込み方法
(1)行事名(生ごみカラッと減量講座希望等)
(2)氏名(ふりがな)
(3)住所
(4)電話番号
(5)年齢
を明記の上、下記の清掃・リサイクル部事業課へハガキ、またはファックスで、7月22日(必着)までにご連絡ください。

〒154-8504
世田谷区世田谷4-21-27 ノバビル1F
清掃・リサイクル部事業課
電話番号 03-5432-2930
ファックス 03-5432-3058

■生ごみカラット

 

トップへ戻る