子ども達の夏の楽しみの一つ「たまがわ花火大会」

2013.05.27

先週25日(土)は世田谷区立の小学校では運動会。
私は、午前中に開催した「桃野よしふみ・区政報告会」を終え、地元小学校へ。
ボランティアの一員として、駐輪場への誘導や、運動会終了後のテント撤収などのお手伝いをしておりました。
好天のもと、子ども達が全力で体を動かす姿はとても微笑ましいものでした。
次の、子ども達の楽しみは「夏休み」でしょうか。

さて世田谷区では、子ども達の夏の楽しみの一つ、「たまがわ花火大会」の開催について準備を進めています。
今年も、川崎市制記念花火大会と同日同時間の開催予定で、来場者数は38万人の予想。
東日本大震災の被災地支援物産展の開催も行われますので、被継続的な支援の思いを胸に、多くの方に世田谷の夏の風物詩を楽しんで頂きたいと思います。

「第35回世田谷区たまがわ花火大会」
■打ち上げ日時
・8月17日(土)午後7時〜8時(荒天の場合は翌日に順延)
■メイン会場
・区立二子玉川緑地運動場(多摩川河川敷)
■打ち上げ総数
・6,000発

ちなみに警備、会場設営費などに要する予算は約7,000万円。
安全を最優先にしながら、楽しい花火大会にしなければなりませんね1

トップへ戻る