防災訓練

2011.03.13

 2011年3月11日午後2時46分。  
 観測史上最大の地震が日本列島を襲いました。
 マグネチュード9.0。
 日本列島の東側、縦500km、横200kmの大きな範囲にわたり、断続的に約5分間、大規模な断層の破壊が起こりました。(3/13pm時点の情報)
 以前、このブログにも書きましたが、かつて阪神大震災を身近に経験した私には、被災地の方の生活は他人事ではありません。
 一刻も早い人命救助、安全確保、安らかな生活環境の整備を祈るばかりです。
 私は、本日、地域の皆様と一緒に防災訓練を実施してきました。
 運営者側を除いた、一般参加者は約70名。
 皆さん真剣に訓練に参加してくださいました。
 今回の訓練の内容は大きく以下の5項目。
 (このブログを読んで下さっている方も、是非以下の内容を心に留めておいて下さい)
  
 1.起震車を使用した疑似体験と初動確認
  【震度5程度の揺れを体験】
  揺れを感じたら、机の下などに隠れる。
  机の脚を手でしっかりと抑えて確実に身体を隠す。
  体全体を隠せない場合は頭を優先的に隠す。
  視線は自分のヘソに持っていき、脳天を守る。
  机などが無い場合は、大きなタンスやTVなどからできるだけ離れて頭を守ることに留意。
  
 2・煙体験
  【煙が充満した建物の中から脱出する訓練】
  ハンカチを口と鼻にあてる。
  ハンカチが無い場合は袖など洋服の一部を使う。
  なるべく身を低く。(煙は上にあがる)   
  左手で壁を伝って通路を探す。(視界が悪い)
 3.初期消火訓練
  【消火器を使った消火訓練】
  初期消火は身の丈を超えない程度の炎の場合において対応する。
  それ以上の大きな炎を消火器で消すのは不可能と心得る。
  特に天井まで炎が達している場合、天井を伝って背後に火が回る可能性有。退去優先。
  消火器の使用距離は4~6m。炎に近づきすぎない。
 
 4.D型消防ポンプを利用した放水訓練
  【ホースを構えて放水】
  腰を落とし、目標に向かってホースを構える。
  右手でホースの端から50cm程度の部分(金属部分)をつかむ。
  左手でホース先端のダイヤルを放水側にまわす。
  放水時は左手を先端ダイヤルのやや手前に持ち替え、目標を狙う。
 5.炊き出し訓練
  【野外での炊飯】
  公園の一角に炊事場を設営。
  野菜、肉の切り分け実施。
  大きな窯で炊飯。大きな鍋でカレーを作成。
 地震や火災はいつ訪れるかわかりません。
 自分の身は自分で守る。
 次に家族や近所。
 自分達の地域は自分たちで守る。
 定期的な訓練の実施、参加でその時に備えましょう。
 初期消火訓練の様子
 ↓
201103131043003.jpg

トップへ戻る