議員の質問もまちまちです

2012.10.03

現在、世田谷区議会は決算特別委員会の開催中です。
決算特別委員会は、議員の数によって会派に質問時間が割り当てられ、それぞれの議員が会派を代表して質問を行うという仕組み。
私は、先ずは明後日5日、世田谷区政の「区民生活領域」の課題等について質問します。
「みんなの党・世田谷行革110番」に割り当てられた32分の時間を無駄にしないよう、しっかりとした質疑を行いたいと思います。

委員会での質問は、議場で行う代表質問や一般質問とはちがって、行政側との一問一答式。
区政課題について、行政と丁々発止の議論を交わす事ができます。
しかし課題に対する調査や普段の勉強が不足している議員は、実りのある質疑を行う事はできません。

今日もいろいろな議員が、いろいろな質問を行いました。
私は、他の議員の質問であっても、しっかり耳を傾けて、新たな気づきを得たり、区政課題解決の参考にさせてもらいたいと思っています。
冒頭に記しましたが、質問時間には限りがあり、その時間は区民(有権者)の皆さんから頂いた大事な時間です。
全ての議員は、質問時間の一分一秒を惜しみ、その質問によって区政を動かしたいと思ってしかるべきです。

でも議員の質問もまちまち。
私は、どの議員がどういう質問をしているか、多くの区民の皆さんに知ってもらい、それを議員の評価の材料にしてもらいたいと思います。

それが議員の質を上げる事につながると信じています。
皆様、何卒よろしくお願いします。

区議会のホームページでは、質問の様子を動画でみることができます
http://www.discussvision.net/setagayaku/index.html

トップへ戻る