お盆休みの渋滞を避けるには

2012.08.13

お盆ですね。
朝の駅頭活動をしていると、人通りの多い、少ないがよくわかります。
先週から徐々に人通りが少なくなっていましたが、今日は一段と。
今日は、先週以上にキャリーバックを持ってお出かけの方が目立ちましたし、駅から出てくる方に道を聞かれる事が多い朝でした。

お盆と言えば、「渋滞」や「帰省ラッシュ」のニュースが季節の風物詩のようなもの。
海や山、里帰りと長距離ドライブでお出かけの方もいらっしゃると思います。
一昨日(8/11)の日経プラス1に夏のドライブの注意点が掲載されていました。
運転は計画的に。何卒、安全運転でお出かけ下さい。

○渋滞を避けるには
・あらかじめ渋滞しやすい時間帯や場所をインターネットを活用して確認しておく。
(NEXCO東日本のホームページ「どらぷら」などに渋滞予測が掲載されている)
・インターチェンジの周辺は混雑しがち。人気観光地の場合は1つ手前でインターチェンジを降りると渋滞を避けやすい。

○安全運転のためには
・事前に車のメンテナンスを。暑い夏はタイヤの破裂などのトラブルも。摩耗と空気圧を事前にチェック。
・前後だけでなく左右の車との距離にも注意。並行して走る車の死角に入らないように。
・ドライバーの休憩は1時間半に1回を目安に。

○日射対策は
・車内の温度は70度にも達すると言われる。例え短時間でも子どもやペットを置き去りにしない。
・炭酸入りのペットボトルは社内に放置すると破裂する危険も。

皆さん、安全で楽しいドライブを!

トップへ戻る