世田谷区の「偽り」「不正」を区民のお金につけまわすことになりました

2012.07.06

世田谷区を揺るがす大問題となった「世田谷区デジタル映像コンテンツ産業誘致集積支援事業」
世田谷区議会では、すっかり「デジコン問題」で通じるようになってしまいました。
私が、この問題を議会でとりあげ、一年がたちました。

既にブログで報告していますが、東京都から「(世田谷区は)偽りその他不正の手段により(東京都から)補助金の交付を受けた」と通知を受け、補助金返還を迫られています。
通知を受けた世田谷区は、区の「偽り」「不正」が原因であるにも関わらず、「違法ではない」「不当でもない」とその通知を真摯に受け止めるわけでもなく、関係者の処分などを行うこともないまま、世田谷区民の税金でお金を返そうと、補正予算案を議会に提出してきました。

この議案について、本日「連合審査会」での激しい議論、本会議とすすみ採決。
(ちなみに採決が行われたのは、桃野の腕時計で23時19分)

「(世田谷区が)偽りその他不正の手段により(東京都から)補助金の交付を受けた」として東京都に返還するお金を補正予算(=皆様の税金)で返す議案について、賛否は以下です。

【議案に賛成

・自由民主党世田谷区議団・新風
・公明党世田谷区議団
・生活者ネットワーク・社会民主党世田谷区議団
・世田谷無所属
・未来あらた世田谷
・無所属

【議案に反対
みんなの党・世田谷行革110番
・日本共産党世田谷区議団
・世田谷民主党
・無党派市民
・減税世田谷
・レインボー世田谷

世田谷区が「偽り」「不正の手段」を弄したにも関わらず、違法でも、不当でもない、とその責任を認めず、その責任を区民の税金につけまわす。
こんな議案にはもちろん賛成できるわけがありません。
我々の会派は「連合審査会」では強く、強く反対の立場で主張をしました。

しかし、結果は賛成多数で可決。
非常に残念です。

こういう事に対して、多くの区民の皆様に区議会の議論に目を向けて頂き、どの議員が何を言っているか、しっかり耳を傾けて頂きたい。
心よりそう思います。

※世田谷区長は自ら「減給1/5一ヶ月」と発表しましたが、これは違法、不当を認めてのものではありません。別の理由です。

トップへ戻る