原発稼働に関して直接、住民投票で是非を問う条例

2012.04.20

みんなで決めよう「原発」国民投票。
原発稼働に関して直接、住民投票で是非を問う条例制定を求める活動です。
(東京都に対する直接請求です)

我々の会派「みんなの党・世田谷行革110番」では議員全員が受任者になり、微力ながら署名を集めておりました。
今般、世田谷区選挙管理委員会より区内の直接請求について、概要が発表されましたのでご報告します。

・署名概要
東京都全体で34万6,820筆
うち世田谷区分は3万2,945筆

・請求の趣旨
東京電力管内の原子力発電所の稼働の是非に関する都民の意思を都民投票により明らかにするため、投票の手続きを定める条例の制定を東京都知事に請求する

・直接請求成立の要件
東京都の条例制定の請求なので、東京都全体の選挙人名簿登録者の1/50以上の署名が必要
請求代表者は選挙人名簿登録者の1/50以上の署名を集め、東京都知事に請求を行う
東京都知事は請求を受理した日から20日以内に東京都議会に付議する

・直接請求に必要な1/50の数
東京都全体で21万4,206筆 (選挙人名簿登録者数は1,071万254)

・今後の予定
4月24日〜30日 署名簿の縦覧、意義申し出期間
5月2日 有効署名総数の告示
5月10日頃 請求代表者から都知事への本請求
5月〜6月 都議会に付議。都議会にて審議、議決

都議会でどういった審議がされるか。
重要な次のステップです。

 

トップへ戻る