今日は「ちいきこどもまつり」で「たたいてかぶってジャンケンポン!」子ども達、大爆笑。リピーターも続出!

2018.11.11

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

今日は児童館の「ちいきこどもまつり」へ。

11月の半ばになろうとする時期ですが、ポカポカ陽気。子ども達がお祭りを楽しむにはとても良いお天気でした。

jidoukanのコピー

桃野は、地域のみなさん(明正おやぢの会)と一緒に、ゲームコーナーを担当。

kanban

地域のソフトボールチームがメインで担当する「射的」とおやじの会がメインで担当する「たたいてかぶってジャンケンポン」を、それぞれ協力しながら運営。

準備も含めて、楽しかった!

syateki1のコピー

射的に使うピストルを作成する「おやぢ達」。ピストルが完成するとテスト。

syatekiのコピー

本番が始まれば子ども達にも大好評。射的ではラムネやキャンディに、輪ゴムをピュンと飛ばして、落としたらそれを子ども達が持ち帰ることができます。

「たたいてかぶってジャンケンポン」は、ジャンケンをして、勝った方がスポンジでできた棒で頭をポン!負けた方はボウルをかぶって守備。相手の守備が整う前に頭を叩くことができれば勝ちです。

kaburis.s

チャンスは3回。一回でもおやぢの頭を叩くことができれば、お菓子(うまい棒)を子どもに。

これも大好評。子ども達も爆笑しながら楽しんでくれてました。そしてリピーター続出。何度も挑戦しに来てくれる子ども達も。

いやはや今日は盛り上がった。子ども達の人気者になった気分。地域のお祭りなどで、子ども達と一緒に過ごす時間は本当に楽しい。今日もたくさんの笑顔に囲まれて楽しかった!

トップへ戻る