全国で50件/日、1億円/日の被害が発生。特殊詐欺はずる賢く、手口は変化し続けています。詐欺電話は携帯電話へも。

2018.08.06

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

毎日毎日、日本のどこかで実行されている犯罪。

これだけ社会全体で警鐘を鳴らしていても被害にあう方が増え続けています。

おれおれ詐欺、振り込め詐欺などの特殊詐欺。

桃野も自分の家族や、友人はじめ、身近な方々が被害に会うのではないかと不安が募ります。

検察庁の発表によると、平成29年(2017年)に発生した特殊詐欺の認知件数は18,212件(前年比+4,058件、+28.7%)。被害額は394.7億円(-12.9億円、-3.2%)となっています。

被害額394.7億円を、365日で割ると。。。

1日あたり、約1億800万円もの被害が発生しているということですね。

(以下のグラフは警察庁の資料から引用)

スクリーンショット 2018-08-06 15.17.24

スクリーンショット 2018-08-06 15.17.35

平成21年(2009年)に認知件数、被害額が大きく減少しているのは金融機関やコンビニATMでの「振り込め詐欺阻止」の活動が功を奏した結果と言われていますが、こうした動きに対応するように、被害者の自宅等に金を取りに行く手口が増え、被害件数は再び増加の一途。

世田谷区でも、特殊詐欺の被害にあわれる方が後を絶ちません。世田谷区内では、平成29年の1年間で216件(前年比+77件)の被害が発生、被害金額は約5億4,700万円(+約2億1,500万円)となっています。

さて、振り込め詐欺などの特殊詐欺への備えとして世田谷区では「自動通話録音機」を無償で貸し出ししています。

「自動通話録音機」は、電話機の呼び出し音が鳴る前に、発信者に対して「この電話は振り込め詐欺被害防止のため・・・自動録音されます」という音声を流す機械。録音される(証拠が残る)のを嫌がる犯罪者はこの音声を聞いて電話を切ってしまうことが多いとされ、被害を未然に防止します。

300611HPpaufu

自動録音機の貸与をご希望される方は、世田谷区地域生活安全課(03-5432-2267)までお問い合わせください。

そして、自動録音機の有無にかかわらず、誰でも簡単にできる対策として、自宅の電話を在宅時であっても常に留守番電話に設定しておき、犯人と直接対応する機会を一旦遮断する「留守番電話作戦」も効果的とされています。

1日あたり50件。金額では1日あたり1億円の被害が発生している特殊詐欺。これを撲滅するために、一人ひとりの留守電作戦が効果ありです。

(追伸:留守電作戦への対応でしょうか。最近は携帯電話への詐欺電話も増えていると聞きますから、ご注意を!)

トップへ戻る