演説

2010.11.22

 柳田法務大臣が辞任しました。
 今朝、菅総理大臣に辞表を持参し、受理されたようです。
 辞任と言っても、事実上は更迭ですよね。
 昨日まで「辞めないで頑張る」って言ってた人ですから。 
 柳田さんは広島市で行われた国政報告会での発言が問題視され、辞任という結果に至りました。
 私は、発言全てを通しで聞いたわけではありませんが、新聞やテレビで報道されているのは以下の発言。
 
 ”個別の事案についてはお答えを差し控えます”
 ”法と証拠に基づいて適切にやっております”
 法務大臣とは、この二つのフレーズだけを覚えておけばいいのだから良いものだ。
 
 そんな事を言ったらしいです。
 ばかばかしい、お粗末な話です。
 まあ、ご本人にとってはきっと軽口のつもりだったんでしょう。
 地元の支援者を前にしたスピーチだったようですから、リップサービスというか、支持者が笑ってくれて場が盛り上がることを期待したのではないでしょうか。
 で、次の日の新聞、テレビの反応を見てびっくり。
 そんなトコロではないかな。
 今回の件はお粗末な話として、さておき。
 スピーチ、演説の上手な方っていますよね。正直言ってうらやましい。
 場の雰囲気を和ませつつ、主張をしっかり伝えるというのはセンスや技術が必要です。
 「演説」という言葉は、明治に入ってから福沢諭吉が始めて使った言葉らしく、その歴史が浅い日本人にとっては、本来、演説はあまり得意なものではないのかもしれません。
 我々が知る名演説には、やはりアメリカ発のものが多いように思います。
 近いところでは、バラク・オバマ大統領の2004年の民主党党大会での演説。
 彼はこの演説でアメリカ国民を魅了し、以降いっきに第44代アメリカ合衆国大統領へと駆け上がっていくことになりました。
 演説の中で、名フレーズとして語られるのが次の一節。
 リベラルのアメリカも保守のアメリカもない、
 あるのはただ一つアメリカ合衆国なのだ。
 黒人のアメリカも白人のアメリカもラテン系アメリカもアジア系アメリカもない、
 あるのはただ一つアメリカ合衆国なのだ。
 そして何と言っても、英語の教科書などでおなじみ。
 マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの伝説の演説。
 1963年リンカーン記念堂で行われた「I have a dream」
 
 私には夢がある。
 いつかジョージアの赤い丘で、かつての奴隷の息子とかつての奴隷所有者の息子が、兄弟のように同じテーブルを囲む日が来ることを。
 私には夢がある。
 いつか私の幼い4人の子供達が肌の色ではなく、中身によって判断される国に生きるという夢が。
 感動的な言葉は心に残るし、何度読み返しても心が動かされます。
 日本の政治家からも、心が動かされる名演説がききたい。

トップへ戻る