区立小学校の入学式へ。小さな新1年生の振る舞いが立派で驚きます。大人も子どもも「明るく、正しく、たくましく」。

2018.04.06

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

本日は世田谷区立小学校の入学式へ。

N,k

小学校の新一年生は、みんなまだ小さくて可愛い!

この間まで幼稚園、保育園に通っていた子どもたち(どちらにも通ってなかった子もいるかも)ですから、学校というものがそもそも未知の世界なんですよね。

子ども達なりにワクワク、ドキドキ、期待と不安の入り混じった気持ちで入学式に臨んでいるのでしょうけど、皆「小1プロブレム」を感じさせない落ち着きでした(程よく可愛らしくザワザワしてますけど)。

こんな小さな子ども達が、きちっと立って「気をつけ」「礼」をして、大人が話している間、それもちょっと難しくてあまり意味がわからない話の間、静かに座っていられるなんて、すごいことだなと思います。みんな立派!

こうした行事の際、今年は〇〇小学校、来年は**小学校、と色々な学校に行く議員もいますが、桃野は区議会議員になって以来、入学式、卒業式は地元の「明正小学校」に出席することに決めています。

歌詞カードなくても校歌は、熱唱できます!(笑)

この明正小学校のキャッチフレーズは、校名にちなんで「明るく、正しく、たくましく」なのですが、今日の入学式では、校長先生が新1年生にこんな話をされていました。

明るく。

元気に挨拶をして、友達をたくさんつくってください。

正しく。

ルールを守って。交通事故にも気をつけて安全に。

たくましく

おいしい給食をたくさん食べて元気に。

校長先生、小さな子ども達に優しく、わかりやすく語りかけていらっしゃいましたが、この「明るく、正しく、たくましく」は、大人にとっても教訓ですね。

明るく。

挨拶は人と人をつなぐ基本。とっても大切です。

正しく。

社会の一員として、ルールを守ること、自分が正しいと信じること、「信念」を守る。そうありたいと思います。

たくましく。

食生活を始め、生活習慣に配慮して、心身ともに健康に。これも楽しく生きるためには大切なことですね。

桃野も、地域の子ども達と共に「明るく、正しく、たくましく」。

■桜の花は散りましたが、若葉が眩しい春。新一年生、新生活楽しんで!

haza2

トップへ戻る