「区職員の相次ぐ不祥事」→「庁内で依命通達」→「更なる疑惑の案件について、議会から指摘を受けても尚、隠蔽?!」

2018.03.08

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

昨日からスタートしている「世田谷区議会予算特別委員会」。

昨日は総括質疑が行われ、桃野も質疑を行いました。

「予算特別委員会」は、「予算に関係する区政全般」についての質疑の場ですから、ありとあらゆるテーマが議論の対象になります。その上で、区長、副区長を含めた区幹部職員と「一問一答」、丁々発止のやり取りができる場。代表質問、一般質問とはまた違った緊張感があります。

桃野は、議員として「決算特別委員会」と並ぶ重要な議会イベントと位置づけているのですが、今回の「予算特別委員会」には、今のところ4度登場する予定になっています。先ずは昨日の質疑についてブログでご報告いたします。

16分と短い持ち時間でしたので、テーマは大きくは一つ。先の本会議で桃野が明らかにしました「区職員の区営住宅不正入居」に関連しての質疑です。

区職員が所得を隠し、低所得者向けの区営住宅に12年間も住んでいたことが明らかになりました。(区内3DKに3万5千円の家賃で!)。経済的に苦しい生活を送っている区民を押しのけての入居ですから決して許されるものではありません。そして、その後に「別件の不正入居」も発覚。

区は、その後、副区長名で「依命通達」を庁内に出して、以下2点を命じていましす。

1)

管理監督者はその職責を十分に認識し、自ら服務規律及び法令等を遵守することはもとより、職員に対してもその徹底を図り、公務員としての自覚と責任感を高めるよう指導すること

2)

所属長は職員に対し「現住所を適切に届けでていること」「公的住居の有無」「入居基準を満たしていること」を確認するとともに、不正に入居している疑義が生じた時には、速やかに所属長に申し出ることを徹底すること。所属長は、不正な利用・入居の申し出が職員からあった場合には、事実を確認した上で是正を促すとともに、直ちに人事担当所管に報告すること。

※色、カッコは桃野追記

この依命通達が出されたのが3月1日。桃野が質疑の前日(3月6日)午後に、この依命通達後に新たな不正が明らかになってはいないか、と2点を区側に確認しました。

(2点とも具体例を挙げて)

1.区の幹部職員Aが公的住宅に住んでいる(議員に配布される名簿にも記載されている)が、この件は確認できているか。

2.区の職員Bが、区に届けている住所は、Bの現住所と異なっているのではないか。

依命通達が出されてから5日後、(それも一件は区幹部職員に関することであるのに)、1、2ともに区は把握をしていませんでした。世田谷区役所にとって、自ら庁内で不正の有無を調査し「膿を出す」ための依命通達であったはず。これが機能していないとは、一体どうしたことでしょうか。

桃野の3月6日時点の指摘に対して区は以下を返答。

1について。「所得制限に反する」「家族向け住宅に一人で住んでいる」などのルール違反はなかった。区として確認した。

2について。不正は一切なかった」「Bの上司も実態を把握していて、問題ないケース」「それ以上は個人情報なので一切答えられない」

桃野が2について「Bが、区に届けている住所とBの現住所は一致しているのか」と重ねて問うと「それは答えられないが不正は無い」の一点張り。事前確認が取れないので「では明日(3/7)の質疑で取り上げるので、その際にその旨を答えてください」と桃野は前日のやり取りを終えていました。

ところが・・・・

質疑当日、桃野の質疑は16:30からだったのですが、その当日の昼食時、昼休みも終わろうとする頃、区側の説明が一変します。

曰く「届け出住所と、現住所が異なってました」と。

質疑を行う数時間前に、区側が示す前提事実が変わってしまうというのは、どういうことでしょうか。この問題をどう区側にぶつけ、どう真相究明、再発防止に向けてやり取りをしようかと考えて居たのですが、その組み立ても全て「ちゃぶ台返し」にあったようなものです。

届け出住所と現住所が異なっているというのは、「通勤手当の詐取」の疑念もあるということ。

例えば、直近の事件で言えば「区の外郭団体「産業振興公社」の職員が通勤手当を不正受給していた」ことが発覚し、約116万円を返還するという事件も起きています。

本件で言えば「届け出上は、α駅から職場に通っていることになっている」が、実際は「β駅から職場に通っている」ことが判明したとして、職場からの距離(通勤手当の価格など)が、α>βだった場合、公金を不正に詐取していたということになります。

本件について区は「届け出住所と、現住所が異なっていた」ということ以外は「調査中」として、3月8日現在、詳細な事実を明らかにしていません。

区職員の不祥事があり、それによって依命通達が出されたにもかかわらず、更にこうした疑惑の案件について、議会から指摘を受けても尚、隠蔽とも受け取れる情報が区側から出てくる。

役所の組織統治は一体どうなっているのでしょうか。

質疑の様子は区議会のサイトから動画でご覧いただけます。ご覧ください。(今回は約16分間です)

スクリーンショット 2018-03-08 18.45.05

 

トップへ戻る