【DV被害者を守るために】明日は決算特別委員会「24分の持ち時間」に凝縮して、区政改善のための質疑をいたします。

2017.10.05

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

現在、世田谷区議会は決算特別委員会の真っ最中。

桃野は先ずは明日の「区民生活常任委員会所管質疑」で質疑を行います。

テーマは「支援措置」。

これまで本会議で取り上げてきた「DV被害者の保護」についてですが、世田谷区は「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」の精神を全く理解していないし「住民基本台帳法」で定められている支援措置の仕組みもほとんど理解できていない。

これまで世田谷区は支援措置について、「被害から逃れるために身を隠しているDV被害者の住所を加害者に漏らし、被害者が至急の転居を余儀なくされる」と言った事件も起こしてきましたが、こうした事件を掘り下げ、区の実情を調べれ調べるほど、残念ながらひどいもの。

調査、研究を進めていくに従って、桃野の中で、様々な問題点が明らかになっていきました。そもそも現区長が「弱者に優しい区政を行っている」というイメージを持っている方も多いようですが、知れば知るほど全然そんなことはありません。むしろ、メディアで大きく報道されるような案件を除けば本当に無頓着。大きな問題が置き去りにされたままです。

ということで、本当は何時間でも質疑できるぐらいの調査を進めてきましたが、明日はそれを「24分の持ち時間」に凝縮して、区政改善のための質疑をしたいと思います。

インターネット中継もありますので、是非ご注目ください。

・明日、10月6日(金)午前11時28分~午前11時52分

・インターネット中継は世田谷区議会のサイトからご覧いただけます。

FullSizeRender

トップへ戻る