夏休みもあと3日。ここで心配なのは、子ども達の「9月1日問題」です。

2017.08.29

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

長く楽しかった(小学校6年生&中学校3年生は、受験対策で勉強頑張った子も多いかも)夏休みも残すところ、あと3日かな。

9月1日(金)から新学期という児童、生徒が多いと思います。

そうなると心配なのが「9月1日問題」。

自殺突出の「9月1日」前に、相談態勢拡充進む】(読売新聞)

上記リンクの記事にもありますが、内閣府の調査「18歳以下の日付別自殺者数」を見ると、9月1日の自殺者数が断トツ。長い休みの間に何か「学校に行きたくない、死んでしまいたい」という思いが強まってしまうんでしょうか。

とにかく周囲の大人が、子ども達の様子にしっかりと目配りをして、些細な変化にも気付いてあげることが大切ですね。その上で必要であれば相談機関等を活用する。

世田谷区にも子どもの悩み事、相談事を受け止める機関がありますので、どんどんご利用ください。(保護者の方を通じての相談もOKです)。

「せたがやホッと子どもサポート(せたホッと)」はこちらを参照ください。

「せたがや子どもテレフォン」「子育て相談(児童館)」「こころの健康相談(子ども・思春期)」「児童相談」「児童虐待等の緊急相談」「4152(よいこに)電話相談」はこちらを参照ください。

とにかく、大人も子どもも一人で悩まない。どんな問題にも「必ず」解決策はあります。

■「せたホッと」のキャラクター、なちゅ。

スクリーンショット 2017-08-29 22.46.15

 

 

トップへ戻る