夏休みのお出かけは、渋滞を避けて都内の穴場へ。世田谷の「世界最高クラス」は家族で楽しめますよ。

2017.08.13

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

夏休み。東京からのお出かけで頭が痛いのは渋滞や混雑。3連休初日の8月11日(金)の午前中は、東名高速道路の下り線で50km超の渋滞となっていたもよう。

もちろん車や電車で遠出も楽しいですが、混雑を避けて「都内の穴場へ」というのも一つの方法ですね。

さて、世田谷区にもありますよ「穴場」が。実は”世界最高クラス”のキャッチフレーズが付いています。世田谷区立教育センターのプラネタリウム(世田谷区弦巻3丁目)。

小中学校の夏休み期間中(8月1日〜8月31日)は毎日投影中。入館料は大人は400円、小・中学生は100円とリーズナブルで、一般投影の他にも定期的に特別イベントを開催しています。

・一般投影(星空解説+オート番組)

・ちびっこタイム(幼児から小学校低学年を対象とする、こども向けの投影)

・満天の星の下でクラシックやジャズを鑑賞する「星空CDコンサート」

・大人のための星空散歩(高校生以上を対象とする、大人向けの投影)

プラネタリウムがある教育センターには「世田谷の自然とくらし」について学べる「郷土学習室」も併設されています。もし子ども達が「自由研究」のテーマに困ったら、ここに足を運ぶのもいいんじゃないかな。

■詳細はこちら(世田谷区のサイト)

1

トップへ戻る