加計学園問題。新学部設置は「総理の意向」で実現!?この文書は「首相の権力を使って友人に便宜を図った」証拠なのか。

2017.05.17

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

今朝は新聞、テレビと「秋篠宮眞子さま婚約へ」の報で持ちきり。

そんな中、朝日新聞のみが一面でトップ記事として扱っています。
(いわゆるスクープ)

以下、朝日新聞デジタル(yahooサイトに掲載)より引用

加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書 ・内閣府、早期対応求める

安倍晋三首相の知人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について、文部科学省が、特区を担当する内閣府から「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だと聞いている」などと言われたとする記録を文書にしていたことがわかった。

朝日新聞が入手した一連の文書には、「10/4」といった具体的な日付や、文科省や首相官邸の幹部の実名、「加計学園」という具体名が記されたものもある。加計学園による獣医学部計画の経緯を知る文科省関係者は取材に対し、いずれも昨年9~10月に文科省が作ったことを認めた。また、文書の内容は同省の一部の幹部らで共有されているという。

引用以上。

この報道に対し、菅官房長官は17日午前の記者会見で、計画への首相の関与を否定するとともに、文書についても「承知していない。作成日時も作成部局も明確になっていない。通常、役所の文書にそういう文書はない。誰が書いたものか分からない。そんな意味不明のものについていちいち政府が答えることではない」と述べたようです。(毎日新聞、yahooサイトに掲載

又、松野博一文科相は「文書の存在を含め確認していないが、確認したい」と述べ、事実関係を調査する意向を示しました。(毎日新聞

「森友学園問題」については引き続き報道が続いていますが、この「加計学園問題」については、報道も早々に止まっており「そもそもどんな問題だったっけ・・・、という方もいらっしゃるかもしれません。

簡単に記すと、ざっとこんな感じ。

・加計学園グループの理事長は安倍首相と非常に仲の良い友人。

・同学園が運営する岡山理科大で獣医学部が新設されることになったのだが、獣医学部の新設は実に52年ぶり。

・というのも、これまで文部科学省や農林水産省は、獣医師に対する社会的な需要と獣医数のバランスを図ることを目的として、大学獣医学部の新設を抑制してきた。

・52年ぶりの獣医学部新設が実現したのは「構造改革特区」による獣医師養成系大学設置の規制緩和。

・これまで実際には認められていなかった獣医学部の新設は、安倍首相が主導する「国家戦略特区」によって実現したと言って良い。

・今治市は加計学園側に対し、学校用地として市内の16.8ヘクタール、約36億7500万円の土地を無償で提供し、校舎建設費の補助金として今後8年間で計64億円を支払うことになっており、これについても「首相のお友達ゆえの厚遇」ではないかとの声も上がっている。

これまで安倍首相は「加計学園から私に相談があったことや圧力がはたらいたということは一切ない」旨を国会で答弁し、関与を強く否定しています。

そこで出てきたのが朝日新聞の上記報道。

これまでの方針を踏襲し、獣医学部新設に抵抗する文科省に対して、内閣府が「加計学園による獣医学部の新設は、安倍晋三首相の意向だ」と圧力をかけたとも取れる文書が見つかったとの報道です。

今日の朝日新聞の記事は、正直桃野には「尻切れトンボ」のような印象。あれ「関連記事は○面」って書いてないけど、これで終わり?って思ってしまいました・・・

特に「文書の内容は文科省の一部の幹部らで共有されているという」ってところが、色々な意味に解釈できる文章で気になります。

朝日新聞からの続報、そして他紙の後追い記事が待ち遠しい。

この文書の内容が事実で、省庁間でやり取りされた公文書であるならば、安倍首相のこれまでの主張がひっくり返り「首相の権力を使って友人に便宜を図った」ということになります。

トップへ戻る