世田谷246ハーフマラソンへ。同日開催された親子マラソン2kmの部に出場してきました。さて結果は、、、

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

今日は「第14回世田谷246ハーフマラソン」へ。会場は世田谷区内にある「駒沢オリンピック公園陸上競技場」

IMG_1484

世田谷区と縁組協定をしている川場村の名産品を売るお店ほか、各地の「おいしいもの」を売るお店がたくさん出ています。例年通り賑やかなイベント。

気持ち良い秋晴れの下、ハーフマラソン(日本陸連公認、国際陸連認証)と健康マラソン(5km、2km)が開催されました。現地で配布されていた読売新聞の号外によると、男女年代別など計21部門に3,600人のランナーが参加されたとのこと。

メインイベントのハーフマラソンは、飯田貴之選手(青山学院大学)が1時間3分11秒のタイムで優勝、2位は山本修二選手(旭化成)、3位は新号健志選手(青山学院大学)の結果。

各選手のみなさん、表彰台おめでとうございます!

そして桃野は、健康マラソン2km(親子マラソン)部門に出場。

普段、スポーツを何もやっていない小学校4年生の娘ですが、この大会には出たいと意欲満々。目標タイムを「10分台」(10分〜10分9秒まで)と定めて、親子で3回のランニング練習をして迎えた当日。

その結果は、、、

9分33秒でゴールイン!の目標達成。

3回の練習では2kmを、10分23秒、10分7秒、10分13秒で走っていたので、人混みの中を縫っていかなければならない本番だと、どうかなあーと不安だったのですが、良い結果になりました。

桃野も終始、娘に話しかけながらの、そして手をつないで、娘を引っ張りながらの2kmだったので、実はまあまあきつかったのですが、楽しかった!

■こちらは健康マラソン2km(40歳以上の部)の様子

IMG_1488

この写真ではわかりづらいですが、健康マラソンでは、ラグビー日本代表のジャージを着て走る方、大人も子どももチラホラ見かけました。

そして、帰り道は公園内の空き地で、サッカー少年の装いの小学生らしき男の子2人がラグビーボールを投げて遊んでいる光景にも遭遇。

ラグビーブームだなー。長くラグビーに携わってきた桃野はとても嬉しい。

ラグビーもランニングも。区民の皆さんがそれぞれの身の丈(年齢や競技レベルなど)にあわせて、身近にスポーツに親しめる環境を作っていきたいと思っています。

トップへ戻る