学校でのICT活用。日本は「出遅れている」との評価ですが、世田谷区立中学校ではこの秋より新たな一歩を踏み出します。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

今朝(9/1)の読売新聞より。

ネット版は”読書会員限定記事”ですが、以下。

学校へのICT導入進む米国】(読売新聞)

記事の趣旨としては、

・経団連の関連団体「経済広報センター」は6月下旬から7月にかけて北米の中学・高校の社会科教師10人(米国9人、カナダ1人)を招き、日本の学校や企業との交流プログラムを実施した。

・米国ではグーグルなどの企業が学習用ノートパソコンを安価で学校に提供するケースが急速に広がっている。

・今回来日した教師らの学校では、大半がパソコンやタブレット端末を生徒全員に1台ずつ確保している。

・ICTは各教科のテストや宿題、成績分析でも使われており、個別指導に有効だとされる。

・教師の一人は「効率的なソフトが導入され、生徒の苦手分野がわかる。業務にかかる時間も大幅に軽減された」と言う。

・来日した教師からは、生徒がますます本を読まなくなり読解力の低下が懸念されるとの声も聞かれた。

記事では、生徒にICTを頻繁に使わせている中学校教員の割合(OECD調査)も引用されていました。

スクリーンショット 2019-09-01 18.51.06

教員の労働時間が長く、学校が「ブラック職場」となっているとの報道もあります。ICTを活用し、事務的作業の効率化(教材づくりなど)とともに、児童生徒に対してもより良い教育効果が見られるような活用法の確立も急がれるところだと思います。

さて、世田谷区立の中学校でも、少しずつではありますがICT活用の動きがありまして、いよいよ今秋よりBYOD(Bring Your Own Device=子ども達が自分のスマートフォンやタブレットを学校に持ち込み、授業で活用)の取り組みも試行されます。

先ずは全世田谷区立29校のうち、3校程度でとのこと。

授業で利用する時間外、他の授業中や休み時間に子ども達のスマホ、タブレット利用をどうするか(可とするかどうか)、貴重品としての管理の視点、教員側が授業で有効にそれらを活用できるのか、など。

幾つかの課題はありますが、しっかりと整理しながら、ICT活用は進めていくべきだと桃野は考えています。

4-1

 

世田谷区の若手職員を民間企業に一年間派遣。新たな取り組みが始まります。受け入れ先は東京海上日動火災保険(株)。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

世田谷区でも始まりました。

「民間企業への職員派遣の実施」

この夏、企画総務委員会のメンバーで神戸市役所を訪問し、働き方改革の取り組みについて事例研究をしてきましたが、その中の一施策でもありました民間企業への職員派遣。

こちらは過去ブログ

企画総務委員会メンバーで神戸市を訪問。神戸市役所の「働き方改革の取り組み」が今、全国的に注目を集めています

世田谷区でも同様の取り組みが始まります。職員の受け入れ先となって下さる東京海上様に感謝!

・派遣先企業

東京海上日動火災保険株式会社
(これまで都道府県、政令市などから職員の受け入れ実績ありとのこと)

・派遣期間

令和2年4月1日〜令和3年3月31日(1年間)

・派遣人員

1名(事務、主任職、採用5年目以上の者)を庁内公募制度により選出

民間企業ならではの競争意識やコスト意識、経営感覚などを、将来性ある若手区職員に学んできてもらうのはとても良いことだと思う一方で、派遣先で「お客さん」扱いされないことが大事だと思います。組織の一員として、一戦力として働かなければ見えないことも多いでしょう。そこは派遣先の企業としっかりと事前に話を詰めておくべき。

その点は、先日(9/2)の企画総務委員会でも副区長に話をしました。

そしてその際、副区長が自ら言っていたのですが、これは桃野も同意見。民間企業への派遣は、継続的に行うべき事業だし、且つ新たな派遣先の開拓も必要。

一人が単発で民間企業に行って「はいこれで終了!」では、世田谷区役所が得られるものはそう大きなものでは無いでしょう。またその効果もすぐに雲散霧消してしまうと思われます。

これから始まる新たな制度ですが、幸先の良いスタートを切ってほしいと思います。まずは派遣先の民間企業で多くのことを吸収し、派遣期間が終わった後、学んできたことを庁内で共有し、周囲に影響を与えられる人物を選ぶことが大切だと思います。

pose_gutspose_business

 

来春開設の「世田谷区児童相談所」の認知度が低すぎるという問題。「知らない」は92%、「知っている」は、わずか6.9%.

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

世田谷区民意識調査2019が発行されました。

各区議会議員にも配布されるのですが、こんな感じの冊子です。

IMG_0907

全247ページで、読み応えあり。

IMG_0906

世田谷区のサイトで、誰でも中身を見ることができますので、関心のある方はぜひご一読ください↓

区民意識調査】(世田谷区のサイト)

2019年度版で45回目の発行となります。

この調査の目的は、区民が区政に対してどのような意見・要望を持っているか、どのような認識を持っているかを把握して区政運営に生かすため。

答えているのは、18歳以上の世田谷区内在住者(外国籍含む)、4000人(無作為抽出)です。

質問は多岐にわたりますので、各調査項目への関心度合いは人によってまちまちだと思いますが、パラパラと目を通していけば、誰しもふと目が止まる項目があるのではないでしょうか。

例えば、

2019年度版で「区の窓口や対応について印象はいかがでしたか」の質問。

とても良かった・・・23.8%

やや良かった・・・37.0%

どちらとも言えない・・・31.0%

やや悪かった・・・3.9%

とても悪かった・・・1.5%

無回答・・・2.8%

スクリーンショット 2019-09-05 14.46.42

過去5年の結果を比べると「とても良かった」と「やや良かった」の合計は、いずれの調査も概ね6割程度と大きな変化はありません。

この時系列の調査結果について、世田谷区の付したコメントは以下のようなもの。

「平成 22 年度からの時系列の変化をみると、《良い》は平成 24 年度(65.5%)が最も高いが、平成 24 年 度を除くと年々増える傾向にある。《悪い》は、いずれの年度も1割に満たない」

良好な結果と捉えているようですが、民間企業の接遇、他の行政機関などと比べるとどうなんでしょうね。ネットで「接遇」「調査」のキーワードで検索すると、某医療機関の調査がいくつか表示されたのですが、調査内容は違えど、世田谷区の窓口対応の評価は、正直やや見劣りするような気もします。

そして、もう一つ。

「あなたは2020年4月から世田谷区が児童相談所を運営する予定であることを知っていますか」の質問に対する答は以下。

知っている・・・6.9%

知らない・・・92.0%

無回答・・・1.1%

スクリーンショット 2019-09-05 15.01.54

今年5月に行われた調査なので、今の認知度とは異なる可能性もありますが、これは心配な結果です。

今、全国で大きな社会問題となっている児童虐待。

ここ数日、新聞等で目黒区で起きた児童虐待に関する裁判の内容が大きく報道されていますが、桃野は報道内容を新聞記事で読むだけでも非常に胸が苦しくなる思いです。

凄惨な事件。

ああいった事件が絶対に起こらぬよう、子ども達を守ることができるよう、新たに世田谷区が開設する児童相談所は全力で取り組んでいかなければなりません。

もちろん、区民から近い存在、何かあればすぐに相談なり連絡なりが寄せられる児童相談所になることも大事な取り組みの一つ。

桃野も朝、区内各駅の前でお配りしている区政レポートにも児童相談所開設のことを記載しておりますが、世田谷区としてもこれから、世田谷区児童相談所の認知度アップに力を入れていかなければなりません。

ドキュメント「ニューヨーク公共図書館」。日本の図書館も自主自立の気風を!市民生活を支えているという熱い思いを!

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

ある区民の方にお薦めされた映画を見てきました。

「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」

桃野はこれまで、区内の図書館で活動する団体が主催する勉強会に出席したり、他自治体の図書館を視察したりといった活動を通じ、政策立案を続けてきました。又、区民として頻繁に区立図書館を利用する一人でもあります。

世田谷区立図書館をもっと良いものに、もっと区民の皆さんに役立つ図書館に。これについて議論・検討を進めるのも世田谷区議会の大切な役割の一つです。

当然、世界で最も有名な図書館と言われるニューヨーク公共図書館で、どんなことが行われているのか知るのは、良い勉強になるに違いない。

と、そんな思いで映画を観てきたのですが非常に良かったです。この映画。

2

ニューヨークの公共図書館と世田谷区立図書館では、全く規模は違いますし、その取り組みをそのまま世田谷区でもというのは無理があるのですが、それでも良いヒントはたくさんあります。

先ずは、ニューヨーク公共図書館の紹介をざっと。

ニューヨーク公共図書館は、あの有名なボザール様式の美しい本館を含め88の地域分館、4つの研究図書館で構成され、約6千万点の蔵書を誇る世界に冠たる公共図書館。運営予算は市からの支出6割、民間からの寄付4割で賄われ、市民に無料で開かれるオープンスペース。

これが図書館とは言っても、日本の図書館とは全く違うものでした。

まず、そこで働く人たちの自主自立の気風。

行政におんぶに抱っこ、言われたことをこなせばいいという雰囲気は一切ありません。日々の細かな業務内容から市民相手のイベント企画まで、スタッフが活発な議論を展開しながら決めていきます。

そして、ただ本を貸し出す、本を在庫するといった役割にとどまることを断固拒否する姿勢。

知的好奇心を満たそうとする市民に全力で応えようとするだけでなく、デジタルデバイドの問題(情報化社会に取り残されていく人々への対応)、人種差別の問題、子ども達の教育格差、ホームレス、言論の自由に対する不安などなど、地域の課題解決に図書館が積極的に関わっていきます。

どうすれば社会がよくなるのか。そこに自分達がどんな役割を果たして行けるのか。これを考え、行動する姿がそこにはありました。

そして、そうした取り組みのへの予算についても真剣。いかに持続性を保っていけるかということに知恵も汗も出します。決して「降りてくる予算の範囲で」などと考えない。どうすれば市民が図書館の活動に理解を示し、寄付をしてくれる存在になり得るのか。こうしたことも熱心に議論をし、その結果に基づき行動をしていきます。

行政、議会関係者のみならず、図書館が社会に必要だと考える多くの皆さんに見てもらいたい。そんな映画でした。

東京では渋谷での上映が今日で終了。吉祥寺ではまだ上映中です。もちろん、東京以外でも上映されていますので、是非多くの方に見ていただきたいな。

桃野、お薦めの映画です。

全国ロードショーの上映予定はこちらを参照下さい。

【ニューヨーク公共図書館 劇場情報】

IMG_0917

 

「年齢や身体的な支障の有無に関わらず運転を続けようと思っている」のは75ー79歳で18.7%、80歳以上で17.4%

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

少子高齢社会となり、社会的関心が日々高まっていることの一つだと思います。

高齢ドライバーの交通事故。

今年4月には、東京・池袋で当時87歳の男性が運転する車が暴走、多くの死傷者を出した事故もありました。

ああした事件の報道に触れるたび、桃野も将来免許更新時の診断で「認知症の恐れ」と診断されるか、そうでなくても自ら「運転時にひやりとすることが増えた」と感じたら、きっぱりと免許証は返納しようと思っています。

こちらは、警察庁の統計を参考に作成した運転免許証の自主返納者数の推移。

スクリーンショット 2019-09-07 14.07.38

年々増え続けて平成30年には、42万件の申請による免許取消が行われています。

こちらは元データ、警察庁「運転免許統計」

一方で「移動の自由」の観点も大切。

東京で暮らしていれば、公共交通機関とタクシーを使えば、不自由なく色々なところに移動ができますが、日本全国には「自分で車を運転できなければ外出が困難」という方がいらっしゃいます。

「外出時に車を運転する人の割合」(9/7読売新聞に掲載、2019年度版「高齢社会白書」より)をみると、以下の状況。

スクリーンショット 2019-09-07 14.34.06

同記事では、運転する頻度について、半数以上が「ほとんど毎日」としていることや、「年齢や身体的な支障の有無に関わらず運転を続けようと思っている」としたのは75歳ー79歳で18.7%、80歳以上で17.4%だったことを紹介しています。

地方では特に、免許証の返納率を上げることと、乗り合いバス・乗り合いタクシーなどを安価に利用してもらえる制度を作っていくことがセットになるのではないでしょうか。

運転サポート機能付きの車、その先にある自動運転の車が普及していけば、そもそも高齢ドライバーの事故という問題も解決していくのかもしれませんが。

東京都では現在、70歳以上のドライバーを対象に「高齢者安全運転支援装置設置補助制度」も実施されています。対象となるドライバーは是非ご検討ください。

こちらは関連ブログ↓

70歳以上の方は是非!自己負担5,000円程度で、自家用車に安全装置を設置できます。

ご自宅等の敷地内に大きなゴミ(街路樹の枝、よその看板など)が飛んで来た場合は、区の清掃事務所で引き取ります。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

台風15号、昨夜から未明にかけての暴風雨はすごかったですね。

今朝の世田谷は、交通機関は乱れ(昨夜から今朝にかけて運行が調整されると事前に発表されていました)、道路は大渋滞、街中には街路樹の枝葉などが散乱と、一種異様な雰囲気でした。

区道の清掃は、世田谷区の各土木管理事務所の所管ですが、もしも、ご自宅等の敷地など私有地に大きなゴミ(街路樹の枝、よその看板など)が飛んで来ている場合、そのゴミは世田谷区の清掃事務所で引き取ってくれます。お困りの際は以下の部署にご連絡ください。

世田谷清掃事務所

上馬5丁目21番13号、電話番号 03-3425-3111

所管区域 世田谷地域、北沢地域

玉川清掃事務所

野毛1丁目3番7号、電話番号 03-3703-2638

所管区域 玉川地域

砧清掃事務所

八幡山2丁目7番1号

電話番号 03-3290-2151

所管区域 砧地域、烏山地域

こちらは区民の方が送って下さった今朝の淡島通りの様子。桃野が自転車で通った世田谷通りも延々と枝や葉が積もっていました。

Image-1

桃野の区議会一般質問は、9/18(木)15:50頃からの予定。インターネット中継はスマホでもご覧頂けます。ご注目下さい!

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

世田谷区議会では、9月17日(火)から10月18日(金)まで32日間、令和元年第3回定例会が開催されます。

昨日は、一般質問の順序決めが行われまして、桃野の一般質問は「9月18日、15:50頃から」となりました。本会議場での傍聴はどなたでも可能ですし、インターネット中継はパソコン、タブレット、スマートフォンでもご視聴頂けます。是非ご注目ください。

桃野は今回は、区立小中学校での教育の問題、就学援助をいかに行き渡せるか、喫煙に関すること、区職員による区営住宅不正入居事件の続報、について取り上げる予定です。

名称未設定 1

世田谷区議会、令和元年第3回区議会定例会。

・会期見込み

9月17日(火)から10月18日(金)までの32日間

・請願受理期限

10月10日(木)正午

*区議会への陳情、請願を予定している方は受理期限にご注意ください*

来週の区議会本会議、誰がどんな質問するの?各議員の質問テーマは区議会サイトでご覧頂けます。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

昨日のブログでもご報告しましたが、来週火曜日から世田谷区議会の定例会がスタートです。

先ずは、交渉会派の代表質問と各議員の一般質問で3日間の日程。

我々の会派「無所属・世田谷行革110番・維新」の代表質問は、大庭正明議員が担当、桃野は18日(火)の15:50頃から一般質問で登壇する予定です。

ただ、いつも通りの感じだと、本会議は朝から夕方にかけて徐々に予定時刻を過ぎて進行していきますので、桃野の質問時間もやや後ろ倒しになると思います。

本会議での質問の様子は、インターネット中継があり、パソコン、スマホ、タブレットを利用して、お手元でご覧いただけます。桃野の質問、是非ご視聴ください!

こちら→【世田谷区議会 インターネット中継

さて、代表質問、一般質問で誰がどんな内容を取り上げるのか、ですが既に、世田谷区議会のサイトでご覧いだけます。

令和元年第3回区議会定例会 代表質問・一般質問予定表及び質問項目

ちなみに桃野は、こちら。

スクリーンショット 2019-09-11 10.28.26

区立小中学校におけるルールについて、就学援助について、喜多見駅北側広場に設置予定の喫煙所について、区営住宅不正入居事件の現在の状況、をテーマに区側に質問します。

国政は内閣改造のニュースで持ちきりですが、生活に密着した施策を扱っています区議会の議論にもご注目いただきたく思います。

スクリーンショット 2019-06-16 17.06.19

地元小学校で学校給食の体験会へ。あれこれ勉強しながら、懐かし美味しい時間を楽しんできました!

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

今日は、議会準備の合間を縫って地元の区立小学校へ。

PTAの「給食試食会」にお声がけいただき参加してきました。

IMG_1045

子どもの頃、学校給食を食べていた方なら、何らかの思い出があると思います。

あのメニューが好きだったとか、おかわりは「早いもの順だった」とか「ジャンケンだった」とか。

「苦手な食材でも完食させられた」と辛い思い出をお持ちの方もいらっしゃるようですが、桃野は楽しかった思い出しかありません。あまり好き嫌いなかったからかな。

さて、今日は先ず、献立を作成している学校栄養士の方からのお話を30分ほど。

美味しい給食、食べ残しの少ない給食、子どもたちに楽しんでもらえる給食という視点とともに、教育的な視点も大事という話。

バランス良い栄養、適切な量を食べる、地産地消、季節感、伝統的な食文化などなど。子どもたちに関心を持って学んでもらえるよう工夫されているようでした。

桃野、前職の食品メーカー時代は学校給食に関連した仕事もしていたので、栄養士の方のお話を聞きながら「そう、そう。みなさん頑張ってたなー」と懐かしい思いがこみ上げてきました。

さて、そのあとは食事会。

給食係、ではなくPTAの方々に配膳していただきました。こんな様子もなんか懐かしい。

haizen 2

今日の献立は

・わかめご飯

・手作り春巻き

・野菜の胡麻和え

・中華スープ

・牛乳

IMG_1053

さて、これで予算(1食の食材費)いくらでしょうか。

答えは






294円。(桃野も今回、参加費としてお支払いしております。念のため)

世田谷区立小学校の場合、給食費(保護者負担となる材料費)は以下。ちなみに人件費や光熱水費など材料費以外の費用は税金で負担します。

低学年 244円

中学年 272円

高学年 294円

今日は、地域の皆さんとの意見交換をしながらというのもあり、とても楽しく美味しい食事でした。

ちなみに、人気メニューの一番は「ジャンボ餃子」で、これまでの残食率ワースト1メニュー(約35%)は「高野豆腐入り味噌ドレッシングサラダ」。子どもたちは酸っぱいメニューだと残す傾向があるとのことでした。

若者だけでは無い。中高年の「ひきこもり」は推計61万人、7割以上が男性。ここにも福祉的サポートが必要では無いか。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

「ひきこもり」の問題。

今年の3月、内閣府は、自宅に半年以上閉じこもっている「ひきこもり」の40~64歳が、全国で推計61万3千人いるとの調査結果を発表しました。

・7割以上が男性

・ひきこもりの期間は7年以上が半数。

・15~39歳の推計54万1千人を上回り、ひきこもりの高齢化、長期化が鮮明。

こんな内容です。

中高年ひきこもり61万人 内閣府が初調査 

ひきこもり、不登校などの問題を主に若者の問題と捉えている方も多いかもしれませんが、中高年におけるひきこもりも看過できない問題となっています。

ひきもりと言ってもその状況は様々だと思いますし、自室や家からほとんど出ない状態だからと言って、即座に問題だとは言えませんが、それでも、相当数の方が、ひきこもりの状態に(本人、家族問わず)苦しみ、できることなら抜け出たいと思っているのだと思います。

もちろん、行政機関も、こうした人達に福祉的なサポートをしていかなければならないでしょう。

世田谷区には「メルクマールせたがや」という施設があり、ひきこもり等の様々な理由から社会との接点が持てず、社会的自立に向けた一歩を踏み出すことができない方々に、面談、セミナー等を実施ししていますが、こちらの対象は、中高生世代から39歳までの世田谷区民の方とそのご家族。

これから、中高年をも対象にして活動していくことも必要でしょう。

さて、そんな話も聞けるかもしれません。「メルクマールせたがや5周年報告会」が開催されます。パネルディスカッションには、桃野も普段から様々なテーマで勉強会に参加させていただいている精神科医の山登敬之さん(東京えびすさまクリニック院長)も登場。

こちらは開催案内のチラシ。

スキャン 2019-09-13 14.45

11月7日(木)18:30−20:30

成城ホール(成城学園前駅徒歩4分)にて

参加費無料で先着300名

桃野も参加するつもりです。ひきこもりの問題に関心をお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひ足をお運びください。

1 / 3123

トップへ戻る