選挙後、最初のタウンミーティングです。6/22(土)10時より三軒茶屋にて開催。皆様のお越しをお待ちしてます!

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

4月、3期目を目指した選挙でも「桃野は、特定の団体や業界の支援は受けません。区民の皆さまお一人お一人の声に耳を傾け、政策をつくってまいります」と訴えてきました。

これは区民の皆様とのお約束の一つ。

この任期も、これまでと変わらず、区民の皆さんとのオープンな場での意見交換を大切に区議会議員としての務めを果たしてまいります。

ということで、選挙を終え初のタウンミーティングとなります。

6月22日(土)、10時から三軒茶屋にて。

6月に開催される区議会定例会直後のタイミングとなりますので、区政に関するホットな議論の内容をお伝えしたいと思っております。

もちろん、4月の選挙のご報告も。

皆様に、わかりやすく区政の課題をお伝えし、桃野の政策についてもご報告しますので、是非足をお運びください。

★★【参加お申し込みはこちらからお願いします。”6月22日参加希望”と明記下さい】★★

■日時

6月22日(土)10時00分~11時30分

■場所

三軒茶屋駅直結、キャロットタワー5階、「世田谷文化生活情報センター・セミナールームB」
(東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー)

キャロットタワー

皆様のお越しをお待ちしております。

DSC_2919k

今日は世田谷区小学校PTAスポーツ大会で地元の皆さんとソフトボール。桃野、ホームラン打ちました!楽しかった!

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

今日は、世田谷区小学校PTAスポーツ大会へ。

地元小学校のPTA(保護者の皆さん)と、朝の6:45分に多摩川河川敷のグランドに集合して、ソフトボールを楽しんできました。

このイベント、桃野は毎年楽しみにしています。年に一度のソフトボール大会。

地元の皆さんと楽しくスポーツが出来て、その後美味しいビールが飲めれば最高!というコンセプトなんですが、勝利もついて来れば尚更楽しいのです。

さて、結果はいかに。

今日は、ブロック大会。3チームで勝ち星を取り合います。2勝できればブロック優勝。1勝1敗で並べば得失点差で優勝が決定。

今日ブロック優勝できれば、来週は各ブロック優勝チームが争うトーナメント戦で総合優勝を目指すことになります。

■こちらは開会式の様子

IMG_0287

第一試合の相手は、千歳台小学校。桃野は2番レフトで出場させていただきました。

相手ピッチャーの球は速いし、守備も堅くて良いチームで、残念ながら結果は敗退。

IMG_0281

それでも桃野は2回打席が回ってきて、2安打。レフト前への安打2本で気持ちよかったー。

(守備は9人で守るんですが、攻撃は「いる人全員出場方式」なので、一試合当たり2回から3回打席が回ってきます)

IMG_0282

続いて第二試合の相手は松丘小学校。二試合目も桃野は2番レフト。

2試合目は7対1で勝利!桃野は3回打席が回ってきて、内野安打、内野安打、3打席目はライトオーバーのランニングホームラン!楽しかった!

ただ3打席目のホームランは4回表の攻撃中だったのですが、時間切れで4回が成立せず。

大会運営上の都合で「試合開始から35分」というのが試合時間と決められていて、35分を超えた時点で表裏が終了していない回は無効なんですよね。

ということで、残念ながら記録に残らないホームランに。

「幻のホームランだねー」とみんなに冷やかされてしまいました(笑)。

IMG_0284

そして、1勝1敗、得失点差でブロック優勝の結果に!

来週も地元の皆さんと楽しくソフトボールという僥倖に恵まれました。

ブロック優勝決定後はチームの皆さんとビールで乾杯!楽しかったー。

来週も頑張ります!

ボッチャはルールは簡単。道具とちょっとしたスペースがあれば楽しめます。屋外で遊んでも楽しいんじゃないかな。

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

今年(2019年)は、ラグビーワールドカップ日本開催、来年(2020年)は東京オリンピック・パラリンピックと大きなスポーツイベントが続きます。

それぞれの大会が成功し、スポーツに根ざした良い価値観が、我々の生活の中に広がると良いなと思います。

障がい者スポーツ、障がいのある方もない方も一緒に楽しめるスポーツの普及も、桃野が期待することの一つ。

これまで「ボッチャ」についても注目し、同じ会派の仲間と公式の道具を使ってボッチャ体験をしたこともあります。

過去ブログはこちら。

ボッチャ初体験。難しいけど楽しい。障がいのある方・ない方、異なる年齢・性別でも。一緒に楽しめるのもいい!

kaiha

ボッチャは、ルールは簡単だし、道具とちょっとしたスペースがあれば楽しめます。天気の良い日に屋外で遊んでも楽しいんじゃないかな。それでいて、奥は深いし、結構熱くなれるし、楽しいスポーツです。老若男女、障がいの有無、関係なく一緒に楽しめるのも良いところ。

さて、そんなボッチャですが、今般、世田谷区主催で「2019ボッチャ世田谷カップ」が開催されることになりました。

現在、学校・児童館・企業チームのほか、川場村やアメリカ大使館チームが参加予定なのですが、他にも参加チーム募集中です。

募集は3チーム。対象は区内在住・在勤・在学の方3名〜6名で構成されるチームです。

参加料は無料。応募期間は6月1日~21日です。

大会本番は以下内容。

■「2019ボッチャ世田谷カップ」

日時:2019年8月24日(土)

会場:区立総合運動場体育館(世田谷区大蔵4-6-1)

出場チーム:全16チーム(1チーム3~6名)

対戦方式:
予選…4チームごとのリーグ戦(4グループ)
決勝…各グループ予選リーグ上位2チーム(計8チーム)によるトーナメント戦 (いずれも1試合は2エンド)

お問い合わせは世田谷区スポーツ推進課まで(TEL: 03-5432-2742,FAX 03-5432-3080)

Boccia-cup-tirashi-1

Boccia-cup-tirashi-2

 

第二回区議会定例会が始まります。改選後、初の本格的な議論の場。桃野は一般質問を行います。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

令和元年、第二回区議会定例会が始まります。

改選後、新たに選出された議員による初の本格的な議論の場、初当選の議員は、最初の議会質問の機会ということになりますね。

「代表・一般質問予定表(案)」をみると、この4月の選挙で初当選した”新人”世田谷区議会議員8名のうち7名は質問に立つようです。

桃野もこれまで通り、一般質問を行います。初当選から全ての機会に連続で一般質問を行ってきましたが、3期めも続けてまいります。

今回は以下の3項目。現区政の誤りは厳しく指摘をし、又提案すべきはしっかりと提案したいと思います。

・区職員の懲戒免職処分について

・DV(配偶者間などの暴力)被害者支援と児童虐待対策が一体的に行われる仕組みを

・区民が楽しく土に触れられる区民農園を

質問の様子は、本会議場での傍聴の他、インターネット中継でもご覧いただけます。是非ご注目ください。

スキャン 2019-06-05 12.12のコピー

本会議直前で、1日の大半を議会準備(質問づくり)に費やす日々ですが、今日は朝から地元児童館へ。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

本会議直前で、1日の大半を議会準備(質問づくり)に費やす日々ですが、今日は朝から地元児童館へ。

パソコンを叩いてひたすら質問原稿を作るのも肩がこりますから、ちょうど良いタイミングの外出です。

地域懇談会@喜多見児童館。

IMG_0294

地域で子ども達の健全な育ちをサポートしてくださってる方々が一堂に会して、意見交換をする貴重な機会です。

児童館、新BOP、地元の保育園、区立小学校、区立中学校、PTA、町会・自治会、そして様々な地域活動に取り組む皆さん多数。

喜多見児童館は、中高生支援館としての位置づけがあったり、児童館食堂(こども食堂)をやっていたりと、活動実績の報告もとても興味深いです。

宇奈根の渡し」も喜多見児童館が中心になって開催しているイベントですね。

この児童館周辺は、世田谷区内でも特に周囲に「みずとみどり」が豊富な地域ですから、外遊びの場には恵まれているように思います。こども達にとってもそこは楽しみになっているんじゃないかな。

IMG_0185

今日の懇談会では、桃野からは、世田谷区では、来年4月の「世田谷区児童相談所」開設に向けて様々な準備が進んでいること、来年度は世田谷区の児童相談行政が大きく変わるというお話しをさせていただきました。

法的な権限、強い専門性を持つ児童相談所が、児童相談行政の核にはなりますが、他の様々な「こどもと接するネットワーク」をお持ちの皆さんとしっかりと連携することで、新たな仕組みをより良いものにしていけるのだと思います。

桃野も、引き続き地域の皆さんの声をしっかりと聞いてより良い態勢づくりに取り組んでまいります。IMG_0293

世田谷区の「子どもの生活実態調査」。小5、中2ともに「困窮層はスマートフォンを長時間利用している」の結果に。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

世田谷区が行った「子どもの生活実態調査」の結果が、区サイトで報告されています。

調査は、2020 年度からの「子ども計画(第 2 期)後期計画」策定の前段階として、世田谷区の子 どもの生活実態を把握するために、実施されたもの。 子ども・保護者に対するアンケート調査、支援者に対するヒアリング調査から構成されています。

今後世田谷区は、調査結果をもとに、子どもの貧困対策の全体像を定め、重点的に取り組むべき施策を含め、総合的な対策を講じていくことになります。

報告書では世田谷区から委託を受けた首都大学東京の「子ども・若者貧困研究センター」によって、子どもの生活(食、所有物、体験、子どもに関する支出など)、子どもの学び、子どもの人間関係と居場所、子どもの自己肯定感、子どもの健康状態、 保護者の状況(健康状態、成育環境、子どもとの関係、相談相手の有無など)、制度・サービスの利用についての現状と生活困難や世帯構成との関連が分析されています。

興味のある方は、是非こちらからご覧ください。

内容は多岐にわたりますが、桃野が興味深かった調査結果の一つが、子どもの情報機器(スマホ、タブレット、PC)の利用状況。

子ども本人に「パソコン」「タブレット」の利用時間をきいたところ、「ぜんぜんしない」の割合は

・「パ ソコン」小学 5 年生 59.6%、中学 2 年生 53.7%、

・「タブレット」小学 5 年生 48.8%、中学 2 年生 52.9%

約半数の子どもたちが「パソコン」「タブレット」を利用していないという結果。

一方「スマートフォン」 については、小学 5 年生は 57.6%が「ぜんぜんしない」と半数以上が利用していませんが、中学 2 年生においては 「ぜんぜんしない」は 19.6%。

そして、これらの情報機器の利用時間が「毎日 2 時間以上」と答えた子どもは、小学 5 年生では「パソコン」は 2.9%、「タブレット」は 4.8%、「スマートフォン」は 4.1%。

中学 2 年生は、小 学 5 年生に比べて、全ての機器において利用時間が長くなっていて、「毎日 2 時間以上」は「パソ コン」では 7.4%、「タブレット」は 8.6%、「スマートフォン」では 30.9%。

「スマー トフォン」については、中学 2 年生の 58.2%が毎日 1 時間以上利用しているとの結果です。

多くの中学生にとって、もはやスマートフォンは生活に欠かせないものになっているよう。

そして、桃野が意外だったのは、生活困難度の高い層(困窮層など)は、一般層よりもこれら情報機器を利用する傾向があり、その利用時間も長いという結果。

「スマートフォン」については、小学校5年生、中学校2年生の両学年とも生活が困窮するほど「毎日 2 時間以上」利用している子どもの割合が高くなっています。さらに、小学 5 年生においては「ぜんぜんしない」の割合が、生活が困窮するほど低下。中学 2 年生の困窮層の 53.9%が「毎日 2 時間以上」スマ ートフォンを利用しているという結果になっています。

塾や習い事に行ってないので、自由にスマホを操作する時間があるからなのかな。

桃野には「スマホの利用時間」において、一般層と困窮層で有意な差があるというのは意外な結果でした。

スクリーンショット 2019-06-08 16.43.08

朝から小雨がぱらつく天候でしたが、早朝「大会決行です」の連絡あり。今週も多摩川の河川敷へGO!。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

今日は先週に続いて「世田谷区小学校PTAスポーツ大会」へ。

朝から小雨がぱらつく天候で、中止かなーと思っていたのですが「大会決行のようです」と連絡がきて、今週も多摩川の河川敷へ。

地元小学校のPTAの皆さんと一緒にソフトボールの試合に出場です。

先週の試合の後、決勝トーナメントに進むチームを決める「得失点差」の計算方法が間違っていたのでは無いかとの意見が出たそうで、今日は大会本部の方々の判断で、先週戦った千歳台小学校さんとの再選から。

IMG_0324

桃野は打順は2番、キャッチャーで出場しました。

初回に5点を奪われる苦しい展開でしたが、我々も2回、3回と得点し同点に。

試合時間の関係で最終回となる4回には追加点を奪えずに、裏の守り。

守り切れば「引き分け」、失点すれば「負け」の緊張感漂う展開。

相手チームにランナー3塁の好機で、センター前ヒットが飛び出しましてサヨナラ負けをしてしまいました。

でも、熱い戦いで面白かった!桃野は2回打順が回ってきて、センター前ヒットと四球で2度出塁でした。

IMG_0325

2試合目の相手は千歳小学校さん。残念ながら1試合目に負けてしまったのですが、いわゆる「負け戦」としてソフトボールを楽しむカードが準備されます。

千歳小さんには先生かな、女性も参加されていて盛り上がりました。

桃野はこの試合も2番キャッチャーで出場。2回打席が回ってきて、2打席ともセンター方向に打ち上げてしまいましたが、たまたま飛んだところがよくて2打席ともヒットに。1試合目、2試合目を通じて「出塁率100%」の好結果となりました。楽しかった!

2試合目の試合結果は、3回が時間の関係で不成立、11-oで我々明正小の勝ちとなったようです。

IMG_0326

雨上がりの河川敷は、足元がツルツルと滑る中でしたが、我々のチームも対戦相手のチームも怪我人は出なかったようだし、地元の皆さんと楽しくソフトボールができて良かった。やっぱりスポーツを通じた多くの皆さんとの交流は楽しいものですね。来年の大会が今から楽しみ!

「横浜の保育園で”汚染”土騒動。園児2人が白血病発症」 の報道で、世田谷区の状況は?のお問い合わせを受けています。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

横浜市のある保育園について、このような報道がされています。

横浜の保育園で“汚染”土騒動 園児2人が白血病発症 市は動かず】(AERA.dot)

報道は以下の内容。


横浜市の保育園などでは、2011年3月11日の東日本大震災による東京電力福島第一原発事故によって放射能で汚染された可能性のある土や砂塵を一時的に取り除き、ポリ袋に入れて密閉した後、園内などで保存していた。


その後、市は一部を保管庫である北部汚泥資源化センター(鶴見区)に移したが、残りは園内に埋まったままである。


港南区にある保育園では、敷地の裏手にフェンスが建っていて、その内側、地表から10~15センチのところに、ビニール袋などで封をした“土”が埋められている。今年4月、市職員が市民らとともにその周辺の空間線量を測定したところ、毎時0・05マイクロシーベルトの放射線が確認された。


市は151の保育園に“土”が埋まっているとした上で、「(移す)必要性はない」(市こども青少年局の齋藤聖局長)と説明した。


今回、改めて“土”の問題が持ち上がったのは、この保育園では同じ年齢の園児2人が、白血病にかかったことが明らかになったため。一人は3年前、もう一人は1年前に発症した。


ただし、土と白血病罹患の因果関係は明らかではない。

(以上、引用・抜粋)

この報道を知った区民の方から桃野にもお問い合わせがきております。こうした報道に触れれば「世田谷区はどうなってるんだろう?」と多くの方が不安を感じるのも当然ですよね。

世田谷区の区立小中学校、幼稚園、保育園の空間放射線量について、世田谷区は校庭(園庭)、砂場などでの計測結果をホームページで公表していますので、そのデータを以下に記します。

先ず、世田谷区が「基準」とする放射線量については以下を参照ください。
世田谷区のサイトより)


実際に測定した数値から自然界にある放射線量を除い て、年間1ミリシーベルト以下であるか。

■ 1年間の積算線量の推計
国の原子力安全委員会で採用している方法を参考にして、1年間の積算線量を推計。
<計算式>
(測定結果―自然放射線量)×(16/24×0.4+8/24×1)×24時間×365日
※条件
1 自然放射線量は全国平均で0.05マイクロシーベルト/時間
2 屋外に8時間、木造家屋内に16時間いると仮定
3 木造家屋内滞在(16時間)における低減効果(係数0.4)

*
例えば0.10マイクロシーベルト/時間の測定値の場合、1年間の積算線量は約0.26ミリシーベルト、
0.15マイクロシーベルト/時間の測定値の場合、1年間の積算線量は約0.53ミリシーベルト。

(引用以上)

そして、世田谷区の区立小中学校、幼稚園、保育園の校庭(園庭)、砂場での測定結果は、区のホームページで公開中、いずれも基準値以下の数字となっています。

小中学校、幼稚園については、こちらを参照。(ページの最下部にデータが貼ってあります)

保育園については、こちらを参照。(ページ中段にデータが貼ってあります)

こちらは「区役所周辺の放射線量測定結果(平成23年7月~平成30年3月)」をグラフにしたものです。

スクリーンショット 2019-06-11 14.26.20

世田谷区の人口が「100万人に達する」という状況で、従来の地域行政制度、従来の特別区、で自治が成立するのか

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

世田谷区議会、令和元年第2回区議会定例会が今日から始まりました。

選挙後、最初の本格的な論戦の場となります。

先のブログでもご報告していますが、桃野は6/14(金)の11時ごろ一般質問の予定。

以下3つのテーマを取り上げる予定です。

・区職員の懲戒免職処分について

・DV(配偶者間などの暴力)被害者支援と児童虐待対策が一体的に行われる仕組みを

・区民が楽しく土に触れられる区民農園を

質問の様子は、本会議場での傍聴の他、インターネット中継でもご覧いただけます。是非ご注目ください。

さて、本日は各会派の代表質問が行われました。

我々の会派「無所属・世田谷行革110番・維新」の代表質問は田中優子議員。

質問の中で、特に「他の会派の議員もしっかり聞いているな」と思ったのが「地域行政制度」について。

世田谷区は面積58㎢と、23区の中で大田区に続いて大きな面積を持ちます。人口は約90万人とダントツの一位(二位練馬区は約74万人)。その大きな自治体において、地域に密着した行政をどのように行っていくかという中で進められてきた制度が地域行政制度です。

都市としての一体性を保ちながら、区内を適正な地域に区分して地域の行政拠点を設置し、これを核として総合的な行政サービスやまちづくりを実施するしくみ。

いわゆる3層構造。

区の区域を「地区―地域―全区」に分け、そこに行政組織として「出張所・まちづくりセンター―総合支所 ―本庁」を置き、それぞれの行政機能に応じた事務を分掌しています。

ところが、今世田谷区の人口が「100万人に達する」という規模にまでならんとする状況で、従来の地域行政制度、従来の特別区としての枠内、で自治が成立するのかという課題が生まれています。

アプローチの違いはあれど、自民党、公明党などの大きな会派も今日は「地域行政制度」について取り上げていました。

桃野にも、新たな仕組みづくりに向けて議会もしっかりと議論をしていかなければいけないし、従来の特別区の枠内の「自治権」では世田谷区は行き詰まってしまうという危機感があります。

今日は、限られた時間内ですが、そんなことを取り上げた代表質問でした。

代表質問の様子は区議会のサイトから動画でご覧いただけます。是非ご注目ください。

soudan_madoguchiのコピー

甘いもの好きな方、是非足をお運びください! 今年も「世田谷スイーツフェスティバル」開催です。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

甘いもの好きな方(甘いもの嫌いな方の方が少ないはず)、是非足をお運びください!

今年も「世田谷スイーツフェスティバル」開催です。

あまり知られていませんが、世田谷区は生菓子製造業者数・パン製造業者数が都内で最多なのです。

有名店、人気店、知る人ぞ知るの通の店もたくさんありますよ。

そんな世田谷の魅力を区内、区外の方にお伝えするスイーツフェスティバル。

スイーツ通、著名人のステージトークもあります。

【世田谷スイーツフェスティバル】

日時:
2019年7月20日(土) 11:00-17:00

場所:
三軒茶屋駅前、キャロットタワー4F、5F、6F

ゲスト:
甘党男子(ワールドスイーツトレンドアイドル)

山本あきこさん(スタイリスト、ライフ&ファッションスタイリスト)

スイーツなかのさん(日本スイーツ協会認定スイーツコンシェルジ会員)

「世田谷みやげ」他、区内スイーツの限定出張販売もあります!

IMG_0344

1 / 3123

トップへ戻る