特撮ヒーローといえば、ウルトラマンや仮面ライダーでしょうか。でも桃野が大好きだったのは「人造人間キカイダー」。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

今も昔もこどもに人気の「特撮ヒーロー」。

桃野がこどもの頃、かじりつくようにテレビで観ていたウルトラマンや仮面ライダーは、今もそのシリーズが続いていて、多くのこども達に人気があるようです。これってすごいことですね。

仮面ライダーも、ウルトラマンも桃野の少年時代の記憶に残ってはいますが、でも桃野がヒーロー達の中で大好きだったのは「人造人間キカイダー」。

wikipediaで検索してみたら、特撮ヒーローものとしての放送は、1972年から1973年となっていたので、桃野が観ていたのはどうやら再放送だったようです。

キカイダー、格好よかったなぁ。悪役として登場していた「ハカイダー」もかっこよかった。主題歌もしょっちゅう口ずさんでいた記憶があります。

でも一般的には、特撮ヒーローものの代表作と言えば、仮面ライダーなのかな。そして仮面ライダーも人造人間キカイダーも、作者は石ノ森章太郎さん(桃野がこどもの頃は石森章太郎さんと表記されてました)。「石ノ森章太郎」といえば、ヒーローものの原作者として歴史的存在と言えるでしょう。

その石ノ森作品を思う存分楽しめる「萬画家・石ノ森章太郎 展」が、今世田谷文学館で開催されています。

期間は、6月30日(日)まで。

サイボーグ009のDVD上映会や、スタンプラリーも行われています。

世田谷文学館は、京王線「芦花公園駅」から徒歩5分、駐車場もあります。

桃野も、これ行きたい。

002

1

トップへ戻る