選挙のご報告を兼ねての食事会など。又そこで新たな出会いがあったり、興味深いお話を伺えたり。楽しい時間です!

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

GWは、選挙後の事務仕事等に時間を充てていますが、その合間には、ありがたいことにいつもお世話になっている方々にお声がけを頂き外出しております。

選挙のご報告やご挨拶を兼ねて、大勢の方とワイワイ食事をするなど。

そうした場に伺うと、またそこで新たな出会いがあったり、色々と興味深いお話を伺えたりと、とても楽しい時間を過ごしています。

先日、お伺いしたホームパーティーでは「あ、この人ただものじゃないな」という感じの方がいらしたので「何かスポーツやられてたんですか」と聞いたら「フェンシングやってました」から始まって、さらに伺っていくと「フェンシングで日本代表でした」と。

これは、すごい!色々なお話を伺うことができました。フェンシング元日本代表の方に(それもついこないだまで現役という年齢)、フェンシングという競技について様々お話を伺えるなんて、なんと幸運な時間。桃野からもここぞとばかりに、遠慮なく色々と質問させていただきました。

桃野、勘違いしてましたけど、フェンシングの中で一番メジャーなフルーレ(太田雄貴選手が金メダルをとった種目)は、「先に突いた方にポイントが入る」のではなくて「優先権」の取り合いなんですね。そんな基本的なことから、競技の中の政治的な話まで。色々なお話を聞かせていただきました。勉強になる。

ルールについてはこちらのサイトがわかりやすいです。

あ、美味しいワインとの出会いも(笑)。これは前述のホームパーティーとは別ですが、先日お食事をご一緒させていただいた際のワイン。美味しかった。ラベルの狼も可愛い。でも瓶がめちゃくちゃに重い。。。瓶を重くするの、イタリアワインの最近の流行だそうです。

vno

今日も昼は某所でホームパーティー。夜は別のところでBBQとありがたい一日。

食べ過ぎ、飲み過ぎに注意ですね。楽しいお話がはずむとついつい飲みすぎちゃう!

■こちらは今日テーブルの上に飾ってあったフルーツカービング。すごい!美しいスイカ!

IMG_0138

令和元年5月1日、令和の時代とともに新しい任期が始まりました。桃野は3期目のスタート。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

令和元年5月1日、令和の時代とともに区議会議員としての新しい任期が始まりました。桃野は3期目のスタート。

参照:世田谷区議会のサイト

細かいことですが、1期目、2期目と、これまで桃野は「桃野よしふみ」と名字は漢字、名前はひらがなで議会に登録していましたが、3期目は、氏名共に漢字の「桃野芳文」にしました。

心機一転。皆さん、どうでしょうか。

世田谷区議会議員選挙の投開票日は平成31年4月21日でしたが、その後も区議会議員の任期は続いていまして、桃野は4月いっぱいまでは2期目の任期、昨日から3期目がスタートしたということになります。

(先の選挙で落選した現職議員も4月いっぱいまでは区議会議員としての任期が続いました)

3期目も引き続き「徹底調査、とことん追及」のスタイルで、そして、世田谷区の教育、子育て、福祉政策の充実、災害対策を進めるため全力で取り組んでまいります。

こちらは、世田谷区議会だよりの4月27日号。世田谷区の施設、区内の駅構内などでお手にとっていただけます。是非ご注目ください。

桃野の一般質問は4ページ上段に掲載されています。

スクリーンショット 2019-05-02 11.22.23

 

阿蘇山で火山灰降灰の報。首都圏に暮らす我々にとっても決して他人事ではありません。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

GW、多くの方が休暇を楽しんでいる最中に心配なニュース。

阿蘇で小規模噴火続く 降灰も

阿蘇山で小規模な噴火が続いていて、400mほどの噴煙が確認されているよう。周辺の農作物には火山灰がかぶっている状況のようです。

阿蘇山は「阿蘇カルデラ」という地形で知られるように過去「巨大カルデラ噴火」と呼ばれる大きな噴火を起こしている火山です。もし同じ規模で阿蘇山が噴火すれば、首都圏までもその火山灰の影響を強く受けると言われます。

そんな噴火が起こればどれほどの対応ができるのか、というレベルの話になってしまうのですが、そういう事態に慣れていない首都圏で暮らす我々も降灰対策についてはしっかりと頭に入れておかなければなりません。

東京都を始め、首都圏の各自治体では、富士山の降灰対策を立てているところもいくつか。世田谷区議会では、桃野が平成27年6月16日の一般質問で取り上げていますので、参照ください。

こちらは関連ブログ。

東京都が想定する「富士山の噴火」そしてその時、東京で何が起こる?

世田谷区では、桃野が議会で取り上げて以降、区民に以下のような情報発信をしていますが、区民に情報が浸透しているとも言えませんし、具体的な対策が進んでいるとも言えない状況ですね。このブログを読んで下さっている方は是非、以下の点についてご認識を。

火山災害に備えて】(平成27年6月24日更新、世田谷区のサイト)

健康への影響

 ・鼻水やのどの痛みやせきなど、呼吸器系への影響

 ・目の痛みやかゆみなど、目の症状

 ・皮膚の痛みや腫れなど、皮膚への刺激

日常生活への影響

 ・雨水を含んで固まった火山灰による家屋等への被害

 ・視界が悪くなることや、道路等が滑りやすくなることによる交通事故発生の恐れ

 ・電子機器への被害 

火山が噴火した時の当面の対応

 正しい情報をテレビやラジオ等で収集し、対応しましょう。 世田谷区では、区ホームページ、災害・防犯情報メール配信サービス、ツイッター等で、みなさまに情報をお伝えします。

 また、国立研究開発法人 防災科学技術研究所 火山灰による健康被害(新しいウィンドウが開きます)参照 。

 ・できるだけ外出を控えましょう。

 ・防塵マスクをして、火山灰を吸い込まないようにしましょう。

 ・コンタクトレンズははずし、ゴーグルや眼鏡を使いましょう。

 ・長袖・長ズボンを着て、皮膚を守りましょう。

 ・降灰により滑りやすくなるので、自動車や自転車の運転には気をつけましょう。

 ・建物の中に火山灰が入らないよう、入室前に衣服等の灰をはらい、また、全てのドアと窓を閉めておきましょう。

火山灰の収集について

 ・家屋等に積もった火山灰は収集し、レジ袋を二重にして入れておきましょう。

 (世田谷区からお知らせがあるまでは、収集した火山灰を各家庭で保管しておいてください。)

参照以上。

火山灰の収集計画など、引き続き行政(世田谷区)に、具体的な対策立案を働きかけていかなければ。

スクリーンショット 2019-02-21 19.15.32

世田谷区小学校PTAソフトボール大会。皆さんと良い汗かいて、試合後は美味しいビールを楽しめるといいな。楽しみ。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

今日は10連休の最終日。

桃野も、事務仕事中心だったり、家族サービスだったりと通常運転では無い10日間を過ごしましたが、やっぱり長い休みはちょっと調子が狂いますね。。。

さて、そんな最終日は地元の皆さんとソフトボール。

IMG_0159

ここ数年、毎年エントリーしている「世田谷区小学校PTAソフトボール大会」が今年も6月に行われますので、大会に向けての練習会。

今日は好天にも恵まれました。Tシャツ姿で打って、投げて、走って。丁度良い気温で風もなく快適。良い汗かきました。

 

練習会は今日と5月25日(土)の2回。ソフトボール経験のある方に手ほどきを受けて準備を進めています。

本番は6月2日(日)と6月9日(日)に多摩川河川敷のグランド(二子玉川緑地運動場)で開催の大会。

地元の皆さんと良い汗かいて、試合の後は美味しいビールを飲んで盛り上がれるといいな。楽しみ、楽しみ。

5月1日から新しい任期。GWが明けて本日が公務スタートです。新たな議員バッジ(区議会議員章)も受け取りました。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

5月の大型連休が明けて、今日は「初登庁」。

任期は5月1日からスタートしていたのですが、GW中で役所も議会も閉じていましたので、今日が公務としては初日となりました。

新しいバッジ(世田谷区議会議員章)も受け取りました。

IMG_0163

このバッジ、実は一つ一つ裏に番号が振ってあります。桃野は今回、7番目の当選だったので「1-7」。

これまで桃野が受けっとたバッジは「23-48」、つまり平成23年の選挙で48番目当選。その後は「27-48」つまり平成27年の選挙で48番目当選との意味が記されていましたが、今回は令和元年の7番目当選で「1-7」です。

今回トップ当選した議員であれば令和元年の1番目「1-1」と印がつけてあるということですね。

今日は、バッジを受け取って議員協議会を開催。

明日5月8日(水)の午前9時までに会派結成届を各会派から提出、その各派の代表者が、代表者会で各協議事項(どの議員がどの委員会に所属するかなど)を決める段取りとなります。

明日は、午前中が各派代表者会、午後は議員全員で議員協議会の予定です。一歩一歩今期の世田谷区議会の形が決まっていきます。

世田谷区議会、今期の会派構成が決定。我々は「無所属・世田谷行革110番・維新」として新たな任期をスタートしました。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

今日は各派代表者会、議員協議会が開催されまして、

・会派構成

・議員控室

が決まりました。

スキャン 2019-05-08 13.12

自民党が第一会派で13名、公明党が第二会派で9名。

世田谷区議会の定数は50名で、前期(2019年の4月時点)は、自民党(17名)+公明党(10名)=27名と、自公で過半数を超えていたのですが、今期は自民党、公明党とも議員数が減り、自民+公明=22名で過半数には届きません。これは一つのポイント。

第三会派は、立憲民主党の議員と社民党の議員が一緒に「立憲民主社民党」となって8名。

第四会派が、我々の会派「無所属・世田谷行革110番・維新」で4名。

第五会派は、「setagayaあらた」4名。

続いて、共産党3名、生活者ネットワーク3名など。

前期に倣えば、4名以上の議員が所属する会派が「交渉会派」となります。我々の会派は、前期に続き交渉会派となる見込み。前期は、大庭正明議員、田中優子議員、そのべせいや議員、私桃野芳文で「無所属・世田谷行革110番・プラス」4名の、交渉会派でした。

今期は、そのべせいや議員が「都民ファーストの会」として一人会派となった一方で、今期初当選した「日本維新の会」のひえしま進議員が我々の会派に加わり、我々「無所属・世田谷行革110番・維新」の4名として新たな任期をスタートしました。

交渉会派は非交渉会派(所属議員3名以下の会派)と異なり、理事会や議会運営委員会に会派から代表を出し、議会運営に強く関与することになります。

 

特撮ヒーローといえば、ウルトラマンや仮面ライダーでしょうか。でも桃野が大好きだったのは「人造人間キカイダー」。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

今も昔もこどもに人気の「特撮ヒーロー」。

桃野がこどもの頃、かじりつくようにテレビで観ていたウルトラマンや仮面ライダーは、今もそのシリーズが続いていて、多くのこども達に人気があるようです。これってすごいことですね。

仮面ライダーも、ウルトラマンも桃野の少年時代の記憶に残ってはいますが、でも桃野がヒーロー達の中で大好きだったのは「人造人間キカイダー」。

wikipediaで検索してみたら、特撮ヒーローものとしての放送は、1972年から1973年となっていたので、桃野が観ていたのはどうやら再放送だったようです。

キカイダー、格好よかったなぁ。悪役として登場していた「ハカイダー」もかっこよかった。主題歌もしょっちゅう口ずさんでいた記憶があります。

でも一般的には、特撮ヒーローものの代表作と言えば、仮面ライダーなのかな。そして仮面ライダーも人造人間キカイダーも、作者は石ノ森章太郎さん(桃野がこどもの頃は石森章太郎さんと表記されてました)。「石ノ森章太郎」といえば、ヒーローものの原作者として歴史的存在と言えるでしょう。

その石ノ森作品を思う存分楽しめる「萬画家・石ノ森章太郎 展」が、今世田谷文学館で開催されています。

期間は、6月30日(日)まで。

サイボーグ009のDVD上映会や、スタンプラリーも行われています。

世田谷文学館は、京王線「芦花公園駅」から徒歩5分、駐車場もあります。

桃野も、これ行きたい。

002

1

昨日は「オウム真理教対策住民協議会」主催の学習会へ。アレフ、ひかりの輪を経験した元信者がその内実を赤裸々に。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

昨日は「烏山地域オウム真理教対策住民協議会」主催の学習会に参加してきました。

テーマは「ひかりの輪で経験したこと、その本質」。

アレフ、ひかりの輪を経験した元信者A氏と、オウム真理教の脱会者の支援などオウム問題に取り組む滝本太郎弁護士との対談形式でした。

世田谷区内には、オウム真理教の後継団体である「アレフ」、から分派した「ひかりの輪」が活動拠点を構えていまして、これまで世田谷区、世田谷区議会ともにオウム真理教問題対策に取り組んできました。

オウム真理教問題対策】(世田谷区のサイト)

桃野もこれまで学習会など、できる限り参加をしています。

今回の学習会では、教団内部の話を含めて、今「ひかりの輪」がどういう状況にあるのか、元信者が赤裸々に語るという非常に稀な機会だったと思います。

元信者A氏曰く、自身は「上祐派」であったとのこと(上祐史浩氏は元アレフ代表、現在はひかりの輪代表)。

アレフ、ひかりの輪の中で、一連のオウム事件がどのように捉えられているのか、上祐氏が教団内部でどのような発言、行動をしているのかを語っていました。

A氏曰く「上祐は、住民の反対運動などは取るに足りないもの、大したことはないと言っている。拠点のあるマンションの人とはコミュニケーションは取れている。周りの人は迷惑がっていない。デモをやっているのも東京だけ。他の支部では地域に許容されている」と言っているのこと。

その上で、A氏は「世田谷の住民運動(ひかりの輪は解散せよの運動)は砦になっている。これがなくなれば上祐は、ひかりの輪は社会的に認められている存在だと言う。もう一踏ん張りしてほしい」とも言っていました。

世田谷区、世田谷区議会も住民の皆様とともに取り組みを継続していかなければなりません。

IMG_0170

日曜日は好天に恵まれて良かった。桃野は宇奈根の渡しへ。子ども達が多摩川に上手に竿をさして行きます。

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

週末の世田谷は良いお天気でした。

桃野も勉強会など色々と予定をこなしておりましたが、5月12日(日)の「宇奈根の渡し」は楽しかった。

宇奈根の渡しとは。

世田谷と川崎の間を流れる多摩川の水上は、かつて「宇奈根の渡し」と呼ばれる渡し船が地元の足、日常の交通手段として使われていました。昭和25年(1950年)ごろまでは実際に使われていたそうです。

その宇奈根の渡し。世田谷区立喜多見児童館の子ども達が力を合わせ、復活をさせたのが2014年。それ以来、1年に1度「渡し舟のおまつり」として、盛大に開催されるようになりました。

■子ども達、事前に操船練習して本番に臨んでいます。

IMG_0185

多摩川では、子ども達が竿をさして渡し船を操り、河川敷では各種屋台の他、フリーマーケット、駒澤大学によるスポーツ交流コーナーなどを楽しむことができます。

桃野も、子ども達の操船を応援したり、地元のおやじの会の皆さんが焼いた焼きそばを買ったりと楽しい時間を過ごしておりました。

地元の子ども達が中心になって、地元のかつての交通手段「渡し船」をお祭りとして復活させるなんて、とても良いイベントだと思います。これからも末長く続いて欲しいし、桃野も議員として地元から盛り上げていきたいと思います。

■オープニングイベントの司会も地元の子ども達。後ろにいるのは対岸の川崎市から来た「こぶんた」くん。

IMG_0174のコピー

「泣き叫ぶ娘の口を手でふさいだこともあった」夫からDVを受け、娘の虐待に加担した女性の「後悔」(東京新聞記事より)

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

今朝の東京新聞にDV(配偶者間暴力)と児童虐待との関連について問題提起をする大きな記事が掲載されていました。

心愛さん虐待死、ひとごとと思えない 夫からDV、わが子の虐待に加担した女性の「後悔」

記事は、DV被害を受ける中で娘への虐待に加担した経験のある女性、への取材に基づいたもの。

曰く、夫が娘を虐待(暴力)していたが、妻が止めに入ると更に暴力がエスカレートする状況。妻は自分が止めに入ることで更に状況が悪化することを恐れ、虐待を止めることができなかった。泣き叫ぶ長女の口を手で塞ぐこともあったとのこと。

妻は書店で手に取った本を読み、自分も虐待を受けていること、子どもへの虐待に加担していることにも気づいた。

そんなことが語られています。

桃野はこれまでもことあるごとに訴えてきましたが、DVと児童虐待は根っこでつながっているケースが多いのです。先の選挙戦でもこうした事例に対して適切に対応する仕組みが世田谷区に必要だと訴えてきました。

桃野が議会で提案し、昨年12月に「配偶者暴力相談支援センター」の機能整備が実現しました。更に来年春に開設の可能性が高まってきました世田谷区立の児童相談所、そして既存の仕組みである「せたがや子ども家庭支援センター」間の連携の仕組みをつくっていかなければなりません。

配偶者暴力相談支援センターとDV被害者とのやり取りの中で、虐待を受けて苦しんでいる子どもたちを救う糸口をつかめる可能性が高いのですから。

■世田谷区では「DV相談専用ダイヤル」が掲載された名刺型カードを配布しています。

スクリーンショット 2019-05-15 20.37.04

 

1 / 212

トップへ戻る