世田谷区立の美術館、文学館の常設展示が2月24日(日)は全て無料となります。是非この機会にご利用ください!

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

「世田谷美術館は、いい展覧やってますよね。上野(東京都美術館や国立西洋美術館)だったら絶対並ばなきゃ見られないやつもゆったり観られるんで、すごくいいです」

先日、世田谷区内在住の友人で、普段、様々な美術館巡りを楽しんでいる友人のコメント。

緑あふれる砧公園の中にある世田谷美術館は、展示、周辺環境も含めてとても良い美術館なんです。どこの駅からも遠く少しアクセスに難がありますが、よく言うとそれが理由で「館内が大混雑」ということになりにくいとも言えます。

桃野も時々足を運びますが、美術に造形が深い人が楽しむ展示、小さな子どもも含めて家族連れで楽しめる展示など、時々様々で色々な楽しみ方ができますよ。天気がよければ館内のカフェのオープンスペースがとても気持ち良いです。

■写真は世田谷美術館のサイトより

スクリーンショット 2019-02-17 16.58.03

さて、そんな世田谷美術館も含めてですが、世田谷区立の美術館、文学館の常設展示が来週の日曜日、2月24日(日)は全て無料となります。これは2月24日、天皇陛下御在位三十年記念式典の挙行に合わせた慶祝事業の一環。世田谷区だけでなく、全国の多くの美術館等で無料展示が行われるよう。

世田谷区では以下。

世田谷美術館 「アフリカ現代美術コレクションのすべて」

向井潤吉アトリエ館 「向井潤吉 民家の旅 風土のかたちを求めて」

清川泰次記念ギャラリー 「清川泰次 昭和の学生旅行」

宮本三郎記念美術館 「宮本三郎 装飾性の展開」

世田谷文学館 「徳富蘆花と烏山ゆかりの文学者たち」

是非、この機会に足をお運びください。

トップへ戻る