世田谷一家殺害事件から18年。未だ犯人逮捕に至らず。「事件当時の発生現場付近のイメージ3D動画」が公開されました。

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

今年もあと2週間で終わり。今週に入って街は慌ただしく年末の風情ですね。

朝の駅頭活動も、本格的に寒い。。。

年末が近づくこの季節になると、必ず思い出す、いえ忘れられないと言った方がいいかな。新聞、テレビ等では「世田谷一家殺害事件」と呼ばれます。事件発生から18年が経ちました。

2000年の12月30日夜から12月31日未明にかけて、8歳と6歳の幼い子どもも含めて4人の大切な命が何者かによって奪われました。

現場には犯人のものと思われるヒップバッグ、帽子、トレーナー、凶器(包丁)などの遺留品の他、犯人の血液、指紋も残っていましたが、未だ犯人は捕まっていません。

現在、犯人逮捕に結びつく有力情報の提供者に対する報奨金も最大2,000万円で設定されています。(捜査特別報奨金上限額 300万円、私的団体による懸賞金上限額 1,700万円)

世田谷区内で起きた事件ですから、桃野は事件現場付近を通ることもしばしばありますし、その度に事件のことが頭をよぎります。そして年末になると、必ず犯人はまだ捕まっていないんだなとの思いが浮かびます。

警察も粘り強く捜査を続けていることでしょう。事件の記憶が風化することを恐れてのこととも思いますが、毎年12月になると警視庁からの情報提供呼びかけが行われます。

今年の12月は「事件当時の発生現場付近のイメージ3D動画」が公開されました。「事件が発生した平成12年当時の現場付近のイメージ3D動画です。当時の記憶を呼び起こして、積極的な情報提供をお願いします。」とのことです。

事件当時の発生現場付近のイメージ3D動画(警視庁のサイトより)

何か当時の出来事、怪しい人物をみたなど思い出す方は、ぜひ成城警察署(03-3482-0110、署代表)までご連絡ください。

jpn

トップへ戻る