今日は、日本ラグビーのスーパースター小野澤宏時さんと。区内で普及活動の打ち合わせ!

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

今日は強風の中の駅頭活動から1日がスタート。

駅頭活動を終えて、朝の最初の来訪は小野澤宏時さんでした。

以前もブログでご紹介しましたが、今、日本ラグビー界のスーパースター小野澤宏時さんと世田谷区の子ども達へのスポーツ普及活動に取り組んでいます。

■小野澤宏時さん(以下はwikipedia参照)

・日本代表通算:81キャップ(日本歴代2位)、55トライ(世界歴代4位)

・ラグビーW杯に2003年、2007年、2011年と3度連続出場
(日本で唯一、ラグビーW杯3大会連続でトライを記録)

・2003-04シーズンより7シーズン連続で「トップリーグ、ベストフィフテーン」

・2007-08シーズン「トップリーグMVP」「マイクロソフトカップMVP」

・2009-10シーズン、2010-11シーズン、2シーズン連続で「トップリーグ最多トライゲッター」

・2011-12シーズン「トップリーグ特別賞(リーグ戦100試合出場達成)」

日本メディアでは「うなぎステップ」、海外メディアでは「rubber man(ラバーマン)」と呼ばれてた体幹の強さ、バランス感覚の良さは圧巻です。

小野澤さん、今秋は福井国体にて、ラグビー福井代表を率いる監督兼選手の立場で優勝、その後ミャンマーでのオノタケ式ボールゲームの普及活動、サッカーJ1清水エスパルスのアスレチックアドバイザーとしての仕事、この12月には静岡県議会で小野澤さんを県教育委員に任命する人事案が上程されるなどの、多忙な日々の合間を縫って、ご訪問いただきました。

本日の面会のテーマは、これまでも様々ご協力いただいている世田谷区でのスポーツ振興について。

スポーツ本来の楽しさである「遊び」の部分を強く意識しながら、子ども達に自ら考えさせ解を導く楽しみを気付かせるオノタケ式ボールゲーム。小野澤さんとともに、世田谷でいかに子ども達が楽しみながら心身ともに成長していけるか、その仕組みを考えています。

今日もたっぷりと作戦会議。

関係各所、各位のお立場もあり、まだ詳細は言えませんが、年明けから、来年度に向け良い感じで動き出せそうです。

世田谷には、幼児、小・中学生、レディース部門などを抱える名門「世田谷ラグビースクール」、区立中学ながら私学の強豪校に混じって関東大会で大活躍する世田谷区立千歳中学ラグビー部、区内に活動拠点を置くジャパン・ラグビー・トップリーグ「リコーブラックラムズ」などがあり、ラグビーが盛んな土地柄です。

それゆえに、世田谷から2019年ラグビーワールドカップ日本開催、2020年東京オリンピック(7人制ラグビーは正式種目になっています)を盛り上げたい!ラグビー界のスーパースター小野澤宏時さんの力もお借りして、進めていきたいと思っています。

IMG_9106

 

トップへ戻る