暮らしを守るためには「備える」が必要。避難所運営訓練も「備える」の一環です。首都直下地震は必ずやってきます。

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

この週末は、来賓としてイベントに呼んで頂いたり、地元の方々の会合に参加したりとタイトなスケジュールで動いていたのですが、その中の一つ、地元の小学校(災害発生時は避難所になる)で定期的に開かれている「避難所運営訓練」に参加していました。

桃野は、議会でこれまで何度も取り上げてきました「災害対策」。首都直下地震は必ずやってきます。都心南部直下地震の想定では、マグネチュード7.3、震度は世田谷で6弱から6強。

気象庁のサイトからこの震度を読み取ると。

■震度6弱

・立っていることが困難になる。
・固定していない家具の大半が移動し、倒れるものもある。ドアが開かなくなることがある。
・壁のタイルや窓ガラスが破損、落下することがある。

■震度6強

・立っていることができず、はわないと動くことができない。
揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある。

・固定していない家具のほとんどが移動し、倒れるものが多くなる。
・壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する建物が多くなる。補強されていないブロック塀のほとんどが崩れる。

東日本大震災時、東京23区での震度は5弱程度でした。それに比べても大変な地震ですね。建物の倒壊や火災、社会インフラ(電気、ガス、上下水道など)の機能不全も合わせて覚悟しなければなりません。暮らしを守るためには、とにかく「備える」ということが必要。

ということで、避難所運営訓練も「備える」の一環です。災害時「行政の助けは届かない」と思って間違いありません。災害直後は自分で、また自分たちで、復旧復興に向けて進んで行かなければならないのです。避難所の立ち上げも、その地域の方々が力を合わせて進める以外の方法はありません。

今回の避難所運営訓練は、ざっと見たところ(数えてはいません)、70〜80名の方が参加されていたかな。もっと多くの方に参加いただきたい!

■こちらは、備蓄品の目安。家族4人で3日分。

mikkabun

■簡易トイレの組み立てと使用法の確認

kanitoire1 kanitoire2 

■ダンボールで作る間仕切り

kaminosikiri

あらかじめ知っておきたい、避難所の環境

・ほとんどの施設は宿泊施設として作られていない(決して快適ではない)

・入浴できない。多数の人が密集して暮らす(集団感染などのリスク有り)

・治安維持も避難所運営の要点(避難所にいるのは顔見知りだけではない。防犯意識も必要)

↓(よって)

・避難者は「お客さん」にならないこと

・健康維持に積極的になる

・弱者への配慮(自分より弱い立場の方にどれだけの配慮ができるかとの自覚)

各人に備えがあれば、被害は最小限にとどめることができるはずです。

トップへ戻る