中学校への進学って、子ども達にとって初めての大きな「出会い」と「別れ」なのかもしれないな。そこから学ぶこと。

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

昨日の区立小学校に続いて、今日は区立中学校の入学式。

昨晩降った雨も朝には上がっていて、天気もまずまず。雨風は強かったけど桜もしっかり咲き誇っていて入学式らしい華やかな景色です。

後年「中学の入学式の時、お母さん、前の日は、着物で行くかどうか迷ってたなー」っていう思い出がよみがえってきたりして。

そんな朝、桃野は砧中学校の入学式に伺いました。

先日は、地元の区立小学校の卒業式にも伺っていて、その時に卒業を迎えた子ども達が約140人。

そのうち、砧中学校で入学式を迎えた子ども達は約70人だそう。

ざっと半分程度の子ども達が受験を経たり、何らかの事情で転居したりで、別の中学校に通うことになった計算ですね。

小学校の卒業から中学校の進学って、子ども達にとって初めての大きな「出会い」と「別れ」なのかもしれないな。

自分の周りには、色々な価値観、色々な考え、色々な事情があって、少しずつ違う人生がある。

でも、そんな色々な人生を互いに尊重しあうことって大切なことなんだよねって、気づいてほしいな。

中学校3年間って、あっという間。

新しい勉強(英語など)、部活動、恋もあるかもね。

そんな3年間を思いっきり味わって。

みなさん、おめでとうございます!

IMG_2166

トップへ戻る