「事故で後遺症」中2、世田谷区と教諭を提訴。区長は区政の責任者として今何を思うのか。コメントを出すべきです。

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

昨日のニュースです。

“組み体操で後遺症” 世田谷区などを提訴”

(以下記事の要約)

2014年4月、区立小学校に通う小学校6年生(当時)が、組体操の練習中に転倒。脳脊髄(せきずい)液減少症となり、後遺症が残る大きな事故が発生しました。この男子生徒(現在、中学校2年生)と両親が28日、世田谷区と担任教諭に総額約2000万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴。

訴状によると、生徒は現在、激しい頭痛や全身の疲労感が残り、長時間座ることが難しく、学業にも支障が出ている。

生徒側の主張は

・耳の病気で回転運動が難しいと申告していたのに倒立をさせた
・マットを敷くなどの安全措置も不十分だった
・学校側に危険の認識があれば防げた事故だった

というもの。

区は「訴状が届いていないのでコメントできません」としているようです。

実は、この事故についてては、これまでも区議会で取り上げられてきました。平成28年2月25日の一般質問で、当時我々の会派の一員だったそのべ議員が質問しています。

以下抜粋して引用。

「そして今回、組体操の危険性について調査をしている最中に、2014年に区内の小学校で組体操の練習中に頭を打ち脳を負傷、いまだに後遺症に悩まされている人がいるとの情報にぶつかりましたが、・・・」

これは、そのべ議員が独自調査により辿り着いた事実であって、それ以前(2014年6月11日の行政側の答弁)の答弁では、

区立小中学校の運動会は大半が五月中旬から下旬に終了しておりまして、当日は大きなけがもなかったという報告を受けております。一方で、議員御指摘のとおり、運動会に向けた組体操や騎馬戦などの練習でけがをしてしまうケースがございました。幸い大きなけがには至っておりませんけれども、・・・」

とあったきり、その後、本件事故については一切、区議会に報告されていませんでした。

区は、この問題を隠蔽するつもりではなかったのか。そんな疑問を感じさせる流れです。

そして今、怪我を負ったお子さんとご両親が、区と教師を裁判で訴えるということに至りました。

ただでさえ、危険性が指摘されている組体操。現場での安全管理は十分だったのか。事故後の区の対応に問題はなかったのか。区は情報を全て明らかにして(区に不利な情報も出して)、誠意ある対応を見せてもらいたいと思います。

そして、世田谷区長。世田谷区政の責任者として、今何を思うのか。コメントを出すべきだろうとも思います。

世田谷区内の文化財をもっともっと活用できないか。例えば子ども達が郷土の歴史を知るために。

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

本日のブログも先の区議会一般質問から。

区内で出土する文化財等についてです。

これまでも文化財については、議会で取り上げ、又ブログでもご報告してきました。

世田谷区では縄文時代や古墳時代などの様々な遺物が出土するのですが、その出土品や遺跡などの情報が広く区民に行き渡っているかというとちょっと疑問を感じる状況。

教育資源でもあるこれらの文化財をもっと活用できないかというのが質問の趣旨ですが、併せて関連予算についてもコスト削減を図り、浮いたお金で新たな取り組みができないものか、とも考えています。

例えば、出土品の保管の問題。

区内で発掘された出土品の多くは現在、区が賃借する「烏山倉庫(区内)」「佐野倉庫(栃木県佐野市)」で保管されています。両倉庫は民間施設を借りての運用で、その賃借料合計を過去5年遡って調べると、年間約610万円から750万円で推移していました。

保管するだけでも結構なお金がかかるもんですよね。

出土品は毎年出ますので(工事などで地面を掘りおこすので出る)、再整理調査などで保管、廃棄の峻別をしても、劇的に収蔵品が減少することはありません。

よって、今後も同程度の費用が発生し続けるとすれば、区有地に簡易な保管用倉庫を建てることも検討すべきではないかと考えています。

又再整理調査などには、平成26年度で約1,100万円、平成27年度で約560万円の費用がかかっています。この調査等を教育資源と捉え活用する事も検討できるのではないかな。

例えば、見える化。

学校の課外授業のようなもので、その作業を見学してもらったり、児童・生徒と一緒に作業をしたり。又、出土品をデジタル博物館のように整理して、オンラインでアクセスできるようにする。区内小中学校などで様々な文化財の映像、動画、解説にアクセスできるようにすれば、子ども達も郷土の歴史を楽しく学べるのではないか。

そんなことも考えています。

質問の様子は世田谷区議会のホームページで動画でご覧いただけます。

平成29年第1回定例会

2月24日本会議、一般質問

桃野よしふみの横の「再生」をクリックしてください

スクリーンショット 2017-02-26 10.15.39

現区長の社民党国会議員時代の秘書で、区長の後援会の事務局長でもある四十代半ばの男性が採用された件、その後。

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

本日のブログも、先の一般質問から。

これまでも取り上げてきた問題ですが、その後の進捗についても追いかけています。

世田谷区の外郭団体(区幹部職員の定年退職後の天下り先になっている)の一つ、社会福祉協議会。

その社会福祉協議会に「日常生活支援センター」というものが新設されることになり、その「センター長」が公募されることになりました。そして、公募に対して応募してきたのは「ただ一人」で、結果、その一人が採用されることに。

さて、その人物。

センター長として採用されたのは、現区長の社民党国会議員時代の秘書で、区長の後援会の事務局長でもある四十代半ばの男性。しかも調べると、当初の採用予定期間を前倒ししての採用となっていました。

その人事の決定権者と言って良いでしょう。世田谷区社会福祉協議会の事務局長は、現区長の区長室長で定年を迎え、その後、社協の事務局長に就任した人物で、現区長ととっても近しい人物。

これは、情実採用ではないか。彼のお給料は区民の税金で賄われて良いものなのか。疑念を招いて当然でしょう。

我々の会派はこれまでも、この問題を議会で取り上げてきましたが、区長含め、区側は「問題ない」と一貫して答弁をしているのが今の状況です。

さて今回、議会で質問したのは、その後、日常生活支援センターなるものは正しく機能しているのかということ。センター長(区長の社民党国会議員時代の秘書・指摘政治団体の事務局長)が、中途採用されて既に1年以上経ちます。区は「日常生活支援センターは区内NPO等との連携強化により新たな生活支援サービスを拡充することが仕事」としていますが、果たして予定通りの結果は出ているのか。

区の所管に進捗を確認したところ「世田谷区高齢者クラブ連合会」「世田谷区商店街連合会」「世田谷区シルバーセンター」とは、今後連携をしていきましょうという内容の簡単な覚書を交わしたようだとの説明がありました。しかし肝心のNPOとは確認書を交わしてもおらず、会議体なども発足していないようです。

これで、目論見通りの仕事といえるの?

区の答弁は、簡単に言うと「取り組みは、生活支援サービスの創出という点では量的に未だ十分では無いが、当初目標とした事項については一定の成果を出している」というもの。

まあ、玉虫色、行政らしい答弁ですね。

そもそものスタートから疑惑をはらんでいるこの事業、引き続きチェックをし続けていこうと思います。

 

質問の様子は世田谷区議会のホームページで動画でご覧いただけます。

平成29年第1回定例会

2月24日本会議、一般質問

桃野よしふみの横の「再生」をクリックしてください

スクリーンショット 2017-02-26 10.15.39

国会は参議院予算委員会。森友学園問題で持ちきりですね。世田谷区議会もいよいよ予算委員会スタートです。

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

国会では、森友学園への国有地売却問題が連日取り上げられています。

NHKのテレビ・ラジオでも生中継されていますので、注目度は高いですね。今後どういう事実が明らかになる(もしくはならない)のか。桃野も連日注目しております。

さて、連日ニュースでも取り上げられているこの審議が、行われているのが「参議院予算委員会」。

予算に関わる審議の場ということではありますが、予算はありとあらゆる政策に関わってきますので、文字通り、ありとあらゆる審議が行われるのが予算委員会ということになります。

さて、世田谷区議会も今週は予算委員会(予算特別委員会)。明後日(3/8日、水曜日)からスタートして、3月23日(木)まで。

NHKでの中継というわけには行きませんが、インターネット中継が行われ、パソコンだけでなく、スマホやタブレットからも視聴可能です。身近な問題、課題が連日議論されます。是非ご注目ください。

インターネット中継はこちら

まだ、流動的ではありますが、桃野は以下の時間で質疑を行う予定です。今回もビシビシと世田谷区政の課題に切り込んでいきます。ご期待ください。

■3/14(火)、福祉保健委員会所管質疑、10:40〜11:04

■3/16(木)、都市整備員会所管質疑、10:00〜10:24

スクリーンショット 2015-10-03 7.58.27

もうすぐ3月11日がやってきます。世田谷区では災害の記憶を風化させないためにも「いっせい防災訓練」を実施。

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

世田谷区議会は本日より予算特別委員会がスタート。今日は「総括」質疑ということで区長も出席し、幅広い分野での質疑が行われました。

明日からは各領域ごとの審議に入ります。

さて、今日も各会派から多くの質問が出ていたのが「災害対策関連」。やはり区政の大きな責任は「区民の生命と財産を守る」こと。阪神大震災、東日本大震災、熊本地震等の例を引くまでもなく、区議会も区(行政側)も常に真剣に議論し、最善の対応に取り組むことが必要です。そしてもちろん、区民の皆様にも常に「災害時に必ず身を守る」という意識を常に持っていただきたい。

そのためにも是非参加いただきたい「世田谷区いっせい防災訓練(シェイクアウト訓練)のお知らせです。

この訓練は、「東日本大震災」「熊本地震」等の記憶の風化を防ぎ、区民の皆さんに「自助」について改めて確認していただくためのもの。皆様の居場所で、簡単に参加出来る訓練です。

〜以下、世田谷区のホームページより抜粋、引用〜

■訓練日時:平成29年3月10日(金曜日)午前9時30分

■訓練想定:上記時刻に東京湾北部を震源とする大規模な地震が発生し、世田谷区では最大震度6強を観測

■訓練内容

訓練専用ホームページや、危機管理室災害対策課・各総合支所地域振興課・まちづくりセンターで配布している「世田谷区区民行動マニュアル」等の防災啓発資料を確認することにより、防災意識や訓練への参加意識を高めてください。

・平成29年3月10日(金曜日)午前9時30分、おおむね1分間程度、一斉に身の安全を図ってください。身の安全を図った段階で訓練は終了です。(※各参加者のタイミングで終了してください)訓練をきっかけに、可能であれば備蓄物資の確認など、ご家庭、会社等の防災対策を確認してください。

■訓練開始の合図
午前9時30分になりましたら、以下の方法で区内全域に訓練開始のお知らせを行います。
・世田谷区防災行政無線放送
・世田谷区災害・防犯情報メール
・世田谷区Twitter(危機管理室アカウント)へのツイート
・Yahoo!防災速報(iPhoneアプリ・Androidアプリ・メール版)

※1 防災行政無線放送が聞き取りづらい、メールが受診できない場合であっても、時間になりましたら訓練を開始してください。
※2 世田谷区災害・防犯情報メール、世田谷区Twitter(危機管理室アカウント)、Yahoo!防災速報(iPhoneアプリ・Androidアプリ・メール版) については、あらかじめ登録が必要です。

〜引用ここまで〜

首都直下地震は、「必ず」やってきます。まずは自らが必ず怪我なく切り抜けること。そうすれば家族をはじめ周囲の人を助ける力にもなることができます。桃野も常に肝に銘じています。

*この訓練に関するお問い合わせは「世田谷区役所 危機管理室 災害対策課(03-5432-2262)」までお願いします。

世田谷に残る希少な自然、穏やかな景観を守るために取り組まなくてはならないこと。生物多様性の視点から。

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

本日の朝日新聞朝刊の記事。

温室トマトの受粉、日本のハチ使って 生態系脅かす外来種「20年までに半減を」 環境省など方針

環境省と農林水産省が、生態系に影響を与える外来種「セイヨウオオマルハナバチ」の農業利用を2020年までに半減させる方針を決めたとの報。クロマルハナバチなど在来種の利用を促すチラシを配り、補助金を活用して普及を図るようです。

欧州原産のセイヨウオオマルハナバチは、トマトの温室トマト栽培において、ハチによる自然受粉を行うため、1992年から国内で本格利用が始まりました。

その後、温室から逃げたか、温室から(利用後に)放たれたと思われるハチが北海道で定着したのが確認され、2006年に「特定外来生物」に指定されました。特定外来生物は、地域の生態系に悪影響を及ぼす可能性があります。

※特定外来生物についてはこちらをご覧ください(環境省HP)

さて、世田谷区。

東京23区にあって、比較的自然が残されており、多様な生物の生息を身近に感じられることも世田谷の魅力です。その世田谷区でも近年多くの外来種が確認されており、世田谷区の自然環境への影響が心配されています。

例えば・・・

タイリクバラタナゴ(要注意外来生物)

スクリーンショット 2017-03-09 19.24.58

コクチバス(特定外来生物)

スクリーンショット 2017-03-09 19.25.45

カムルチー(要注意外来生物)

スクリーンショット 2017-03-09 19.19.42

その他、フロリダマミズヨコエビ、アメリカザリガニ(要注意外来生物)など。

哺乳類ではアライグマ、鳥類ではガビチョウの生息が確認されています。

世田谷に残る希少な自然、穏やかな景観を守るためには、野生生物や外来種への理解を深め、生態系を脅かす外来種の侵入や拡散を防ぐとともに防除活動についても取り組まなくてはなりません。

そうした政策も議会で取り上げていこうと思っています。

「真面目に生きてきた私が、なんでこんな目に。神様はなんでこんなことをするの」そんなTさんがやがて・・・

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

毎年、この時期はそういうタイミングになってしまうのですが、区議会予算特別委員会の会期と区政レポートの発送タイミングが重なり忙しく走り回っております。

(区政レポートの発送作業はボランティアの方々にも多大な力をお借りしています。感謝!)

そんなタイミングですが、今晩は、楽しみにしていた千歳敬心苑(特別養護老人ホーム)の「実践報告会」に伺っていました。

日頃、高齢者の方々の介護に取り組む介護職の皆さんが、どういう気持ちで、どういう介護に取り組んでいるか。多くの聴衆の前で発表する場です。

近年相次ぐ施設での高齢者虐待事件、昨年は相模原市の知的障害者福祉施設で利用者19名の命が奪われるという凄惨な事件も起きてしまいました。

そんな時代の中で、介護の現場でいかに働くのか。

老い、様々な症状・病を抱える高齢者の方々を支える毎日ですが、その中で利用者の皆さんも、現場で働く皆さんも一人一人が輝くためには、どうすれば良いのか。みなさん知恵を絞り、汗を流されています。

今日の報告会でも、素晴らしい活動に触れることができました。

実例をひとつ。

長年連れ添った旦那さんが認知症を発症、介護の日々、そして死別。その後突如視力を失ってしまったある女性Tさん。

食事も入浴も排泄も支援が必要になりました。

「真面目に生きてきた私が、なんでこんな目に。神様はなんでこんなことをするの・・・」

介護職の方が話しかけても、Tさんが「生きていてもしょうがない」と言ったような絶望の言葉を口にする日々が続いたそうです。

介護職の方々は、Tさんに生きる希望を取り戻してもらおうと、新たな取り組みを始めます。

音楽(オーケストラ)鑑賞に連れ出し、外食。

外食も、いちいち人の支援が無くても自分のペースで食べられる丼物を一緒に食べたり、(目が見えずとも)店の雰囲気、匂い、音、温度などで楽しんでもらえるよう焼肉屋さんに行ったり。

Tさんはやがて、「目が見えなくなってから、見えるようになったものもある」とおっしゃっるようになったそうです。

「食事や入浴、排泄。単に生命を繋ぐために必要なことだけをやる」のは、介護ではないんだ。

そんなことを改めて”リアルに”感じる報告会でした。今日の報告会、参加させていただき、心より感謝です。

発災直後は、地域の人々が力を合わせて乗り越えることが必要。公共施設を軸にしたネットワークも非常に大切です。

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

昨日は3.11。東日本大震災から6年が経ちます。

死者は1万5,893人、行方不明者は未だ2,538人。住み慣れた土地を離れ、避難先で暮らす人は約12万3,000人。
(数字は2017年3月12日朝日新聞より)

復興は道半ば。昨日は、被災地のみならず、全国各地で追悼式や防災訓練などが行われました。

桃野も朝一番で地元町会の防災訓練へ。

別の予定もあり、防災訓練では開始前に皆さんへの挨拶程度の参加になってしまいましたが、夜に参加した別の会合では数年前に福島で一緒にボランティア活動に励んだ仲間や、災害時の非常食も作っている食品メーカーに勤める大学の先輩も一緒で、災害対策や復旧復興活動についても意見交換。

あの甚大な災害を記憶にとどめ、あの時自分の身の回りで何が起きたのか、そして今後必ずやってくる「首都直下地震」でどういうことが起こると想定されているのか。そういうことについて常々会話をするのも大切なことだと思います。

さて、桃野が町会の防災訓練を朝イチで失礼して向かったのは、地元児童館の地域懇談会。児童館を核とした様々な活動を支援してくださっている地元の皆さんとの意見交換などを行っていました。

ここでもやはり、災害対策や防犯対策についての意見も。

障がいのある方、高齢者、子ども、(言葉の壁がある)外国の方などにはどんな対応が必要なのか。災害時に意識しなければいけないことはたくさんあります。

自助、そして共助。

大きな災害時、発災直後に「公の助け」は行き届かないと考えて先ず間違いありません。ではどうするかといえば、地域の人々が力を合わせて乗り越えるしかありません。

そんな時、児童館など地域の公共施設を軸につながっている方々のネットワークは災害対策の上でも非常に大切です。

IMG_2074

 

区長の社民党国会議員時代の秘書が昨年、世田谷区社会福祉協議会「日常生活支援センター長」に採用された件、続報。

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

世田谷区議会は、只今「予算特別委員会」の会期中。

桃野は、今日の「福祉保健領域」と明後日の「都市整備領域」で質疑をします。

今日は福祉保健領域。

メインで取り上げたのは、これまでも議会で取り上げてきた世田谷区社会福祉協議会の「日常生活支援センター」について。

本年度、来年度と世田谷区からそれぞれ約1,400万円/年の予算が付いていますが、これがちゃんと目論見通り機能しているのかというのが焦点です。

これまでも取り上げてきましたが、この日常生活支援センターのセンター長は、現・世田谷区長の社民党国会議員時代の秘書で、区長の私的な政治団体の事務局長でもあった40代なかばの男性。この男性が昨年、センター長として採用されたのは情実人事ではないかと議会で取り上げてきました。ちなみに採用時の(今も)社協の事務局長は、かつて現・区長の区長室長だった人です。

この男性がセンター長に採用されてから1年以上が経つが、現在、日常生活支援センターは目論見通りの機能しているのか。

先の本会議で一般質問で取り上げましたが、区の答弁は、「当初の目標としてきた事項については、一定程度は達成している」というものでした。

こういう答弁を聞くと「いかにも上手くいっている」ように聞こえなくもないですが、実態としては、そうではなくて、かなりスッタモンダし、多くの問題が起きているということを示す資料が出てきました。資料からは、これから一緒に仕事を進めるNPO(非営利法人)の方々が日常生活支援センター、もっというとセンター長に対して、強い批判、不信感などを持っていることも推察されます。

この資料というのは、NPOと日常生活支援センターが開催した会議の会議録(抄録)。NPOの方々からは、以下のような発言が相次いでいます。

・(NPOとの)連携と言いながら、NPOが社協の下請けになる構図が見える

・(センター長の説明は)組織論、形式論ばかりで中身が伝わらない

・社協職員がコーディネートして仕分けする形というが、それは大変な仕事、本当にできるのか

・社協と個々のNPOが線で繋がるだけでは連携ではない。現状ではそのようにしか見えない社協からあぶれてたものがNPOに流れてくる印象。連携に参加するメリット提示が必要だが説明不足。

・(センター長には)大事な視点が落ちている。会議冒頭に説明された前提情報は口頭ではなく文書にすべき。これだけの人間を動かすには足りなさすぎる。

などなど。

結果、当初進めていた協議会(日常生活支援センターが事務局となってNPO10〜15団体で発足する計画だったよう)の発足は10ヶ月も後ろ倒しになり、日常生活支援センターの仕事は「できるところからやりましょう」などと非常に曖昧な形でスタートしてしまいました。

税金を使って事業が行われているにもかかわらずです・・・

世田谷区社会福祉協議会の事務局長、日常生活支援センター長、ともにNPOの皆さんの思いを受け止めず、自分たちの思い込みでことを進めた結果、(税金を使って行う事業なのに)大幅な進捗遅れを招いている、といった状況のように見えます。

しかも、この状況で世田谷区は、先の本会議で、桃野がこの問題を取り上げた際「うまく行っている」かのような答弁。ここに、世田谷区と外郭団体の関係に見る構造的な問題があるように思います。

FullSizeRender

 

 

今日は区立中学の卒業式へ。卒業式って本当にいいもの。生徒たちの気持ちもひしひしと伝わってきます。

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。

今日は、世田谷区立中学校の卒業式。

桃野も、地元の区立中学に来賓として伺っておりました。

卒業式って、何回参加してもいいものですね。生徒たちの3年間の思い出がいっぱい詰まった心の中が、こちらにも伝わってくるよう。毎年この時期、地元の区立小中学校の卒業式に伺い、子ども達の新たな旅立ちの場に立ち会わせていただくのを、心より楽しみにしています。

生徒達は、3年間で少し窮屈になった制服を脱いで新生活へ。みんなそれぞれの「大人への道」を歩みだしたんでしょうね。桃野も振り返ると、中学校を卒業して、高校生になった時はいよいよ大人になった気になったことを思い出します。

今日は、式の後半、卒業生が歌った「旅たちの日に」で、男子生徒の声がよく通っていて、気持ちも入っていてよかったな。自分が男だから男子生徒に感情移入して、そう聞こえるのかもしれないけど。

勇気を翼にこめて希望の風にのり

このひろい大空に夢をたくして

いま、別れのとき

飛び立とう未来信じて

弾む若い力信じて

このひろい このひろい大空に

って。

今年中学校を卒業する生徒達は2001年4月以降生まれですね。桃野はその頃、前職の会社員時代で入社7年目。ずいぶん昔のような気もしますから、こうして子ども達が大きく成長するのもわかるか。

世の中には、何一つ簡単なことなんてない。

うまくいくことも、うまくいかないことも、全部受け止めて生きて行く強さを身につけてほしいな。きっと、うまくいく途中なんだよ、って。

新たな船出。みんな頑張って!

IMG_2101

1 / 3123

トップへ戻る